スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
[書評]自己啓発書を読む
僕は昔から自己啓発書と呼ばれる本が嫌いだ。
どちらかというと、ビジネス書と呼ばれるジャンルの本も嫌いだった。今でも如何にもなビジネス書は好きではなく、嫌いだ。

でも、仕事絡みで今ではビジネス書もよく読むようになった。
それでも、如何にもなビジネス書は敬遠しがちで、マーケティング関連本やネット関連本などの少しサブカル的な匂いがする本をよく読んでいる。
(そういえば、必要性に駆られて、コンサルティングメソッドや統計解析関連の本も一時期はよく読んでた)

そして、最近は毛嫌いしていた自己啓発書ジャンルに入る本も時々ではあるけれど読んでいる。
その中でも昨日読み終わった「仕事アタマの設計図 思考のボトルネックを解除しよう!」と、一昨日から少しずつページをめくっている「非常識な成功法則」は非常に興味深い。

石川和幸というコンサルタントの方が書いている「仕事アタマの設計図 思考のボトルネックを解除しよう!」は、タイトル通り、思考のボトルネック(自分が考えを巡らせ深めていく際に糞詰まりになっている箇所)を解除する方法を、思考の技術論と生き方や習慣まで踏み込んで書いてくれている。

僕がこの本の中でもっとも引っかかったのは後半に書かれている「選択というボトルネック」。
簡単に書くと、自分の居場所や将来的に目指す場所の選択がボトルネック(障害といっていいかもしれない)になっているということ。
高校野球でレギュラーになることを目標としている人はソコ止まりで、高校の頃からメジャーリーガーを目指している人とは目標も満足する位置も努力の仕方も違うから、自分がより高いところに目標を置いていないと、自分でリミッターを掛けてしまうということだ。


そして、一昨日からページをめくっているものの、途中で止まっている「非常識な成功法則」の著者は、フォトリーディングやマインドマップの啓蒙者(最近の言い方ではエバンジェリスト?)でもある、これまたコンサルタントの神田昌典さん。

この本は僕がほんとに嫌いな類の自己啓発書なんだけど、嫌いだからこそ読んだ方がいいんだろうなと思える本。
序章にはこんなことが書かれている。
凡人を抜け出すために、多くの人はお金の豊かさと心の豊かさの両方をいっぺんに追い求めようとする。でも、この2つの豊かさをいっぺんに手に入れることは難しい。だから、嫉妬やミエや虚栄心などの悪の感情のパワーも生かして、まずはお金の豊かさを手に入れて、その後に心の豊かさを追う。
読んでいて楽しい内容ではないが、なるほどと思う。

そして、自分の目標や「やりたいこと」を見つけ出すために、「やりたくないこと」を書き出した上で、「やりたいこと」を書きなさいと、言うのですが、僕にはこれが難しい。

というのは、「やりたくないこと」は割り合い明確に書けるのに、肝心な「やりたいこと」が明確に書けないのです。

自分でこんなことを書いて、世の中に晒すのもどうかと思うけど、僕にとっては「やりたいこと」を明確にできないことにいろいろな問題が含まれているんだろうと思う。
短期的な視点での「やりたいこと」は浮かばなくはないんだけど、長期的な目標となると難しい。
なので、嫌だけど、「非常識な成功法則」をもう少し読み進めて行こうと思う。


スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:日記

【2008/10/21 02:37】 | 書評 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<[書評]ターゲットメディア・トルネード Web広告、雑誌広告、交通広告(OOH)、が効果的なワケ | ホーム | [書評]クロスイッチ>>
コメント
お礼
思考のボトルネックの著者の石川です。

お読みいただきありがとうございます。
選択、重要ですよね。
これが言いたくて書いたようなものです。

これからも宜しくお願いいたします。
【2008/10/23 08:42】 URL | 石川 和幸 #-[ 編集] | page top↑
こちらこそありがとうございます
著者の方からコメントいただき恐縮です。
「書評」ではなく単なる「感想」や読んだ後の「気分」しか書けていないので。。。

でも、「選択」は重要ですよね。
といいながら、4回も転職してしまっている自分は、「選択」ばかりしてないで集中しなさいとも言われがちなのですが、各職場での積み重ねが生きてるはずと思い込んでいます。
【2008/10/24 01:58】 URL | かみたに #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://nowiswritten.blog121.fc2.com/tb.php/92-ba0f35fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。