スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
[書評]戦略「脳」を鍛える 御立尚資
この1年ほどはお勉強のためにと、コンサルタントの方が書いた「戦略」関連の本を10~20冊ほど読んだ。
これらの本を読んで勉強になったところは、フレームワークを使って事象を整理し、問題点を洗い出し、抽出する手法。

でも、これらの詠んだ本の中には「課題発見」「課題解決」という言葉が含まれた本が多かったが、問題発見や問題整理のやり方については勉強になる本が多かったが、「問題解決」になると勉強になった!という本はわりあい少なかったように思う。

そんな中で、「戦略「脳」を鍛える」では、

「勝てる戦略」をつくるためにはアカデミックな勉強だけでなく、「ある種の『頭の使い方』を身につける訓練が不可欠」


と考え、インサイト(Insight)と呼んでいる

「引用戦略論という定石を当然知ったうえで、新たな戦い方をつくり上げる『プラスアルファの能力』


を身につけることの大事さと、身につける方法を紹介くれている。

インサイト(Insight)の身につけ方としては
第2章 思考の「スピード」を上げる
第3章 三種類のレンズで発想力を身につける
第4章 インサイトを生み出す「頭の使い方」を体験する
で、わかりやすく紹介されている。

「第2章 思考の「スピード」を上げる」で、紹介されていることは、

公式 
スピード=(パターン認識+グラフ発想)×シャドウボクシング


この中で自分に響いたのは過去の事例や戦略論の定説となっているようなことを「パターン認識」しておくことの大事さだった。
WS000010.jpg

こういったパターンを学習・認識しておくことで、目の前にある事象をパターにザザザッと当てはめて検討してを繰り返すことで、素早く状況認識ができると思うし、これは是非試してみたいと思った。

「第3章 三種類のレンズで発想力を身につける」で紹介されていることは、ユニークな戦略を具現化するために必要な「モノの見方」であり、これを「レンズ」と呼んで下記の9つの「レンズ」を紹介している。
WS000009.jpg

そして、「第4章 インサイトを生み出す「頭の使い方」を体験する」では、パターン認識とレンズによって得られたインサイトをもとに戦略構築する方法を紹介している。
著者の公式でいうとこういうことらしい。

ユニークな戦略=定石+インサイト
       =定石+(スピード+レンズ)
       =戦略のエッセンス
         +(パターン認識+グラフ発想)×シャドウボクシング
         +(“拡散”レンズ+“フォーカス”レンズ+“ヒネリ”レンズ)



この公式を実際に活かすと、例えばこんなステップで進めることになるらしい。

ステップ1 仮説のタネをつくるためにデータ収集
ステップ2 シャドウボクシングで仮説を進化させる
ステップ3 「アナロジー」、そして「ユーザーになりきる」
ステップ4 競合優位をどこで獲得するのか
ステップ5 顧客のロイヤリティを獲得する
ステップ6 戦略の全体像をまとめる



「戦略「脳」を鍛える」で紹介されているこの思考法は、ビジネスコンサル分野だけでなく、プロモーションを考える際にも非常に使える。
過去事例や勝ちパターンなどの定石とプロモーション対象となる商品やサービスを頭に描きつつ、様々なレンズを活用してアイディアを沸き立たせていく。。。

そのためには、もっといろんなプロモーション手法や過去事例を整理・パターン分けした状態で頭に(ノートにの方がいいか)インプットしておかなくては。。。


こっちはまだ読んでないけど、この人の本ならわかりやすそうだし、読んでみるか。
スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:日記

【2008/08/29 12:23】 | 書評 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<MarkeZine Day 2008 久しぶりのセミナー参加 | ホーム | [書評]日本という方法 松岡正剛 著>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://nowiswritten.blog121.fc2.com/tb.php/74-59146935
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。