スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ドコモはドコに行くのか?
ドコモのロゴが7月1日から変わっていますが、どうも新ロゴの評判が芳しくないらしい。

NTTドコモの新旧ロゴの印象について消費者調査

20歳以上のネットユーザーに対するネット調査では、新ロゴの方が好きだという人が18%なのに対して、旧ロゴの方が好きだという人が82%という結果になったらしい。
docomo3

僕の感覚ではロゴの変更やパッケージ変更の当初は、急な変化に対する反感か、古いものに対する慣れからか、新しいものに抵抗を示す人は多くなる。でも、新しいデザインが見慣れたものになっていくにしたがって抵抗感は薄れ、新しいデザインに対する高感度は上がっていくように感じている。
この考えに沿うと、今回の5月30・31日に実施された調査では、新ロゴが否定されてしまうのもしょうがないと思う。

また、僕の個人的な感覚では、旧ロゴが登場した当初は斬新さを感じたし、ドコモという社名が示す意味性を深く伝わってくる素晴らしいロゴデザインだったと思う。
でも、携帯電話というツールが画期的な目新しいツールではなくなった今では今回の新ロゴのような平板なデザインの方がしっくりくるように思うし、黒を主体としながら他の3色をあしらった旧ロゴのデザインは、「少し前の時代の最新型」を感じてしまうのか、どこか古さを感じてしまう。

また、ドコモが現在実施している「Answerプロモーション」は、結局はドコモが伝えたいこと(アピールしたいこと)を「Ansewr」と形を変えているだけのように見えて僕は好きではないのですが、いつの間にか巨大になってしまったドコモという会社を変えていこうという動きだと考えれば過渡期のやり方としてはアリだなと思います。
docomo4


たぶん、今回のロゴ変更やAnswerプロモーションの目的は、NTT(電電公社)の流れとしての使ってもらって当たり前のインフラ企業から、他企業やサービスと比較して選んでもらうサービス提供会社に変わろうとする意思伝達なんだと思う。
そして、この意思伝達は、「ドコモは変わりますよ」と消費者に訴えるとともに、「変わらないといけないんですよ」と社内の人にもより強く訴えているんだと思います。
スポンサーサイト

テーマ:なんとなく書きたいこと。。 - ジャンル:日記

【2008/07/03 13:38】 | 市場変化 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ブランドエクステンションと松下電器改めパナソニック | ホーム | [書評]超地域密着マーケティング 平岡智秀 著>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://nowiswritten.blog121.fc2.com/tb.php/69-0121bd23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。