スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
アマゾン リニューアル!
amazon.co.jpがデザインリニューアルを実施している。

リニューアル意図が掲載されていたので、ご紹介。

amazon_s


------------------------以下、引用-------------------------------

●なぜサイトのデザインを変更したのですか?

Amazon.co.jp は、2000年11月1日に書籍のみの販売からスタートしました。現在ではCD、DVD、ゲームはもちろん、ホーム&キッチン、エレクトロニクス、アパレルなどさまざまな商品を豊富に取りそろえています。膨大な商品の中からでも、ほしい商品が簡単に見つけられるように、サイトのナビゲーションを見直しました。カテゴリー構造を分かりやすく表示し、お目当ての商品を検索、ブラウズの両方で簡単に探していただけます。


●なぜこのデザインにしたのですか?

オンラインショッピングのエキスパートは「お客様」です。実際に何人ものお客様に新しいデザインとナビゲーション機能を試していただき、多くのご意見やご感想をお寄せいただきました。このユーザーテストは、日本のみならず、アメリカ、ヨーロッパでも行われ、「テスト → 変更 → テスト」を何度も繰り返し、最終的にこのデザインに決まりました。


●今までとの違いは何ですか?

商品を見て回る、検索する、保存する、購入する ─ オンラインショッピング体験の中でお客様が繰り返し行う4つの要素をすべてトップエリアに集約させ、どのページからでも簡単に行えるようになりました。
商品を見て回る: 全ページ左上にあるオレンジのボックス「すべてのカテゴリーを見る」から、各ストアや主要カテゴリーに簡単に飛べるようになりました。「ゲーム・おもちゃ・ホビー」「DVD・ミュージック」など、親和性の高いカテゴリーをグループ化して表示させることで、お目当ての商品が見つけやすくなるだけでなく、複数のプロダクト間でのショッピングもしやすくなりました。

検索する: 検索キーワードを入力しやすくするために検索欄の幅が広くなりました。

保存&購入する: 「ほしい物リスト」や「ショッピングカート」のボタンを目立たせ、保存した商品をいつでも簡単にチェックし、購入へと進んでいただけます。

さらに、トップエリアには「Amazonポイント」「ギフト券」「お買い得情報」など、普段のお買い物に役立つリンクを常に表示しています。

------------------------引用ここまで-------------------------------

要はアマゾンは本屋から総合ショップへと、ガンガン攻めていきますよ!
という意図を前面に出したリニューアルなのだと思う。

このリニューアルでamazonは特徴を失ってしまい、数多あるネットショップの1つになってしまうのか?それとも、本屋のamazonで培ったマーケティング手法により他のショップでも成功を収めるのか?
さて、どうなんでしょうね?
スポンサーサイト

テーマ:なんとなく書きたいこと。。 - ジャンル:日記

【2008/05/30 01:14】 | ネットでの話題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ネットは(WEBは)どう進んでいくのか? | ホーム | 営業時のドアノックツール>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://nowiswritten.blog121.fc2.com/tb.php/65-c478cd24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。