スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
オリンピックが近づいてきた
最近、オリンピックが近づいてきたからか、オリンピックがらみのCMが増えてきた。

北京オリンピックのスポンサーとしては、マクドナルドとパナソニックぐらいしか認識できていなかったので、どんな企業が北京オリンピックのスポンサーになっているのか調べてみた。

※JOCサイトより引用
olimpic


ここに掲載したのは世界規模でのスポンサーとなる「ワールドワイドパートナー」で、この他に「インターナショナルスポンサー」(これはバドワイザーのみだったので、アルコールの広告が禁止されている国を除いた世界規模のスポンサーということか?)、日本国内規模でのスポンサーとなる「JOCオフィシャルスポンサー」がある。

実はオリンピックのスポンサーになるメリットとか意義って、どんなことがあるのだろう?と思って調べてみたのですが、コカコーラ、マクドナルド、パナソニックなどの面々を見ていると、「メジャー感」という言葉が思い当たりました。
オリンピックのスポンサーになるということによる信頼感や純粋な(オリンピックのテレビ中継の際に企業名が露出されるという意味での)広告効果も大きいとは思う。
でも、それ以上にオリンピックのスポンサーであることによってメジャー感や王道感が得られるんじゃないか?と思います。

また、オリンピックのスポンサー企業であり続けている企業にとっては、自社がオリンピックのスポンサーを降りると、代わりにライバル企業がオリンピックスポンサーになることで、No.1カンパニーの称号が移ってしまうことも懸念しているのかなとも思います。


ところで、中国四川省の地震。
かなり大規模な地震だったようで、今日になって死者が1万人を超えているなどの報道を目にしましたが、この地震が北京オリンピックに及ぼす影響はどうなんでしょうか?
オリンピックの開催が、被災地の救援や復興にうまく繋がればいいのですが。
スポンサーサイト

テーマ:なんとなく書きたいこと。。 - ジャンル:日記

【2008/05/14 01:04】 | 戯れ言 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<[書評]統計でウソをつく法 | ホーム | コーポレートサイトを考える 第1回 コーポレートサイトの目的とターゲットユーザー>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://nowiswritten.blog121.fc2.com/tb.php/62-0fd497e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。