スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
読書と眠気の関係
本を読むと、特に理解が難しくなかなか頭に入ってこないような本を読んでいると眠くなる。
そんな経験は誰にでもあることだと思います。

でも、これは至極当たり前なことなのではないか?と最近思うようになりました。

というのは、人間の脳はその日の間に入った新しい情報を寝ている間に整理された形で記憶させるらしいのです。

なので、「難しい本=自分にとって未知な情報が詰まったもの=新しい情報の塊」が脳に入ってきた時には脳が消化不良を起こしてしまう前に脳が情報を整理できる状態(睡眠状態)に身体を持っていこうとするのだと思うのです。

ですから、難しい本や自分にとって新しい知識を詰め込もうとしている時は、寝る前の時間に読めばいいんだと思うのです。
特に、確たる証拠があるわけではないですが、たぶん、そうです。
自分でも今度、試してみようと思います。
スポンサーサイト

テーマ:なんとなく書きたいこと。。 - ジャンル:日記

【2008/05/10 00:32】 | 戯れ言 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<コーポレートサイトを考える 第1回 コーポレートサイトの目的とターゲットユーザー | ホーム | スピード化するメディアとコンテンツの関係>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://nowiswritten.blog121.fc2.com/tb.php/60-d3610fda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。