スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ドコモのロゴが変わった
僕には非常に唐突な印象なのですが、ドコモのロゴが変わった。

新ロゴ
新ロゴ どこも


旧ロゴ
ドコモ 旧ロゴ


ドコモの加入者の伸びが鈍っていたり、国内で他を引き離したナンバー1ブランドから、携帯キャリアの中の1つのブランドとして位置づけられつつあったりと、日本の携帯文化を(ということはある意味では世界の携帯文化を)常にリードし続けてきたドコモが曲がり角に差し掛かっていることはわかる。

でも、だからといって、なぜ、ロゴの変更なんだろう?

コーポレートブランドのイメージを変えようと思えば、一番インパクトがあるのは社名を変えること。
社内に向けて変わる意思を伝えるというのであれば、社是を変えたり、中期経営計画などで新たなヴィジョンを示す、なんかの方法がある。
でも、ドコモはロゴを変える方法をとった。

ロゴを変える以外にも、「新ドコモ宣言」と呼ばれる社是的なもの。
新しいブランドスローガン、新しいブランドステートメントも用意されている。

【新ドコモ宣言】
ブランドを磨きなおし、お客様との絆を深めます。
お客様の声をしっかり受け止め、その期待を上回る会社に変わります。
イノベーションを起こし続け、世界から高い評価を得られる企業を目指します。
活き活きとした人材で溢れ、同じ夢に向かってチャレンジし続ける集団となります。

■新ブランドスローガン
手のひらに、明日をのせて。


■新ブランドステートメント
これからのドコモが目指すこと。
それは、人と人、人と明日を、新しい絆でつないでいくこと。

そのためにまず、
一人ひとりのあなたと、きちんと向き合い、関わり合うことからはじめます。

昨日までできなかったことを、次々とかなえながら、
それぞれが今、いちばん必要としていることに、真っ先に応えること。
そして、あなたが生きていく今日を、明日を、
もっと気持ちよく、もっとあなたらしくしていくこと。

ドコモは、一人ひとりの手の中で、
その毎日を一緒に歩いていこうと思います。
そして、あなたを自由な明日へと導く、新しい扉になろうと思います。

いつでも、どこでも、あなたと明日をつなぐために。
その手のひらから、限りない可能性を広げるために。

「新ドコモ宣言」は、企業としての向かうところを社内に示すという意味が大きいのだろうから、「頑張ってください」と思うのですが、新ブランドスローガンの「手のひらに、明日をのせて。」はよくわからない。

携帯という手のひらに乗せられる小さな機械に、新たな機能や便利さを載せていく、追求していくということなんだろうけど、伝わりにくいですね。

さらに、新しいロゴは「パスモ」みたいに感じてしまう。
pasmo.jpg


おそらくは、とりあえずロゴを変えることで、変わったイメージを植えつけたかったのかもしれないけど、変わったイメージを植えつけたかったのかもしれないけど、前にも失敗してるんだから、何も変わらないままに企業イメージやブランドイメージだけを変えようとするのは無茶だと思うんですが。
docomo2
スポンサーサイト

テーマ:メディアとマーケティング - ジャンル:日記

【2008/04/20 01:22】 | 市場変化 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<日本企業の外国人採用がようやく増えてきた | ホーム | 企業のコーポレートサイトに思う>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://nowiswritten.blog121.fc2.com/tb.php/57-bd5631c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。