スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
社会資本とBPR
「社会資本」という言葉をご存知だろうか?
と、書きかけていながら、本当に「社会資本」という言葉でよかったっけ?とうろ覚えだったりもします。。。

一般的に「社会資本」というと、上下水道などのライフラインや公園・学校などの公共財を含めた社会的なインフラのことを言うことが多いのですが、トフラー先生の「富の未来」では、ここに治安の良さや社会的なマナーの良さも加えられていた。

で、最近、このトフラー先生がいう「社会資本」の経済効果を実感することが多いのです。

例えば、ゴミ出しのマナーが守られないとする。
そうすると、マンションであれば管理人の業務が増えるだろうし、ゴミ回収業者の手間も増えて、その分の費用増を住人が負担しなくてはいけなくなる。さらに、リサイクルもうまくできなくなるだろうし。
街の治安が悪化すれば、警察の力を増強しないといけないだろうし、街灯を増やして欲しいという住民の要請も上がるだろう、さらに万引きなどで店舗に被害が出てしまいその費用負担は何らかの形で住民に回ってくるかもしれない。

つまり、社会のルールを守ることも経済効果に繋がるし、その経済効果は個人個人に返ってくるかもしれないということなのだ。
というか、間違いなく返ってきますよね。

経済とか稼ぐという観点では、マナーとかの社会性(周りの人のことを考えよう的な精神)よりも、功利主義(自分の利益をまず考えよう的な精神)が優先されがちだけど、みんながみんな、そんな考えに走ってしまうと、社会的には損しちゃうし、その社会的な損害は個人としての自分にも返ってくるよということなのです。

この考え方って、最近、ニーズが増えているBPR(Business Process reengineering:企業活動の最適化もしくは再構築を行うこと)にも繋がると思うのです。

すごくアバウトに書いてしまいますが、売上アップや効率アップのために、いろんなルールを作り上げて、社員を縛り付けてしまい、ルールが守られているかの管理のために業務を増やし監視のために人を増やすよりも、個人個人のモチベーションを上げたりして個人個人のやる気を伸ばす工夫をした方がより効果的だというケースが多いのです。

縛るよりも、一定の方向性やミッションを与えて、自主性を促した方が仕事やる気になるっていうのはわかりやすいですよね。
言うは易し、行うは難しなんだけど、自分の中でも肝に銘じておこう。

スポンサーサイト

テーマ:ネット的社会観 - ジャンル:サブカル

【2008/03/16 03:02】 | 戯れ言 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<政治の季節 | ホーム | 最近気になる、ネット掲示板犯行予告事件>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://nowiswritten.blog121.fc2.com/tb.php/51-732e8c4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。