スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
[書評]ザ・サーチ グーグルが世界を変えた
この本も気になっていながら読んでいなかった本。
先々週にようやく読みました。

レビューでは「Googleができた経緯とこれからのGooglebの戦略を読み解く本」的な紹介をされていることが多いのですが、僕が気になったところはちょっと違いました。
Webの発展を考えるとごく当たり前なことなのですが、ネット普及期に人気を集めたディレクトリ型検索のYahoo!は、ジャンルで区切られたツリーを追っかけていくことで探したかったWebサイトに到達することができた。ここでのポイントは2つ。
1.どんなWebサイトがあるのかわからないままにジャンルを追っかけていくことで自分が求めていたものに近いWebサイトを探し当てることができる。
2.見つかるのはWebサイトであり、Webページではないこと。

そして、スパムに悩まされたロボット検索の試行錯誤期を経て、Googleが誕生する。

GoogleはKeyword検索であり、調べたいWordをキッカケに該当するWebページを探し出してくれる。ディレクトリ型では的確なジャンル名を選択しない限り該当サイトを探し出すことはできなかったが、Googleでは鍵になるWordの切れ端からでも該当Webページを見つけることができる。サイトじゃなくてページを。

そこが、改めてふむふむと思えたことでした。


スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

【2007/10/02 02:18】 | mucic | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ブルータス「言葉の力」 | ホーム | 他人の給料が気になる!!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://nowiswritten.blog121.fc2.com/tb.php/5-a7f7accc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。