スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
勝間 和代さんのオススメ本を読む
最近は柄にもなく経営系の本をよく読んでいます。
そのキッカケになったのは週刊ダイヤモンド(2008年 2/9号「「グーグル化」知的生産革命」)に掲載されていた勝間 和代さんのオススメ本紹介を読んだから。

勝間 和代さんという方は、ベストセラー本をバンバンだしている方ですからご存知の方も多いと思いますが、経営コンサルタント、トレーダー、証券アナリストを経て経済評論家(兼公認会計士)をされている方。(詳しくはこちら

実は僕はまだ勝間 和代さんの本を一冊も読んではいないのだけれども、「なんとなく最近、よく見る注目の人」的に知ったいたわけなのです。
そして、勝間 和代さんその人よりも、勝間 和代さんを創り出す要素になっている「これまで読んできた本」に非常に興味をそそられたわけです。

興味をそそられた理由としては
●良書を選ぶ力がある人、興味の指向が近い人、自分以上に読書量が多い人が薦める本であればいい本があるに違いない!と思えること
●スゴイ人に影響を与えた本ならスゴイ本なんだろうということ(好きなミュージシャンが好きなミュージシャンを聴く感覚に近いですね)

おまけに、この週刊ダイヤモンドでは、勝間 和代さんが各年代別に読んでいた本、各ジャンル別のオールタイムベスト、という2軸で本の紹介がされていました。
年代別に読んでいた本では、10代のときに読んでいた本、20代のときに読んでいた本というように、各年代で読んでいた本が自己形成にどんな影響を与えたかを含めて紹介。ジャンル別の方は、マーケティング、コミュニケーションなどのジャンル別に勝間 和代がオススメする良書をコメント付きで紹介もしていました。

こんな風に紹介されていた本の中から、僕は自分が気になる本をピックアップし、現在順番に読んでいるところで、今日のブログでは、そのうちの1冊について書こうと思っていました。
だけど、勝間 和代さんの話を書くだけで、こんな文章量になってしまったので、本の紹介は別のエントリーとし、本エントリーでは勝間 和代さんの紹介と、僕が勝間 和代さんに影響を受けて本を読んでますよ~という話に留めておきます。

スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:日記

【2008/03/01 13:06】 | 書評 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<[書評]ザ・プロフィット 利益はどのようにして生まれるのか | ホーム | 観光情報とクーポン+キッチュさを兼ね備えた広告メディア「SWING CARD」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://nowiswritten.blog121.fc2.com/tb.php/45-b5b1e20c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。