スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
他人の給料が気になる!!
メトロの中でいつものように中吊りを眺めてたら、双方とも本日発売の東洋経済もダイヤモンドも給料特集を組んでいた。
東洋経済の特集は「日本人の未来給料」
「給料の格差が、階層の固定化を生んでいる。雇用形態、業種間、企業間で異なる給料。3年後の「未来給料」を通し、我々の将来の格差を検証する。 」ということらしい。
一方、ダイヤモンドの特集は「最新給料全比較」
「いま話題の職業、人気の仕事から、難関資格、一風変わった職業まで、その仕事の中身と待遇を徹底的に調査した。上場会社の従業員や役員の年収も最新データを掲載。職業の違いによる格差だけではなく、事業規模や官民による格差も拡がりを見せている。」らしい。

東洋経済が「近い将来の給料額」に焦点を当てているのに対して、ダイヤモンドは今現在の給料額を見ている。ただ、ダイヤモンドはJリーガーからプロゴルファー、医師、政治家、航空機操縦士、キャビンアテンダント、記者・ライター、システムエンジニア、国家公務員、弁護士、公認会計士、塾講師、舞台女優、ウェディングプランナー、占い師、お笑い芸人、探偵などのいろーんな職業の給料を追っかけている。
と、思いつつ、もう一度東洋経済を見返してみると、こちらにもさまざまな職業の給料は載ってますね。

僕がどちらにより興味を抱いたかというと、東洋経済の「未来給料」の方でした。

というのは、石炭や繊維なんかの過去に一世を風靡した業界が衰退していくさまを見てきたからだ。そして、これから衰退していく産業の候補は、いつの時代もその時代にピークを迎えている人気産業の可能性が高い。
今の時代にピークを迎えつつある産業といえば、通信系産業かネット産業か?
そういや、僕が学生の頃に大人気だった就職先といえば、テレビ・新聞・雑誌などのマスコミ関係に電博に代表される広告代理店だった。この辺りの広告・マスコミ産業も斜陽というほどではないかもしれないが、新しい動きについてこれないと傾いてしまう可能性は大いにある。
そして、傾いてしまった会社や産業は当たり前に給料額が減る。。。
どれだけ優秀な人でも斜陽産業にいるとたいした金額はもらえないし、たいした能力がなくてもいけいけどんどんな会社にいると一定の給料をもらえる。釈然としないけど、そんなもんですよね。
スポンサーサイト

テーマ:雑誌で見るいま - ジャンル:日記

【2007/10/02 01:48】 | 市場変化 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<[書評]ザ・サーチ グーグルが世界を変えた | ホーム | 死のバーチャル体験>>
コメント
ダイヤモンド、買ってしまいました。
僕はコンビニでダイヤモンドのほうを見つけたので、思わず買ってしまいました。神谷さんほど、深い考察はなく、「自分の給料は標準なのか?」という関心事だけで買ったので一通り見てすぐ捨ててしまいましたが…。電通さんの生涯所得がものすごく高かったのにびっくりしました。
【2007/12/02 19:56】 URL | PENGIN #-[ 編集] | page top↑
電通さん
電通さんの給料は高いと聞きますが、本当に高いんですね。
でも、これからはテレビや新聞なんかのマスメディア広告よりもっとニッチな広告が増えてくると言われていますから、電通さんの給料にも変化するんですかね?
でも、今の電通さんの強さはマスの広告だけじゃなくいろんなところに出てますから、一概には言えないんでしょうね。
そういや、東京オリンピックを実現できたら、電通さんはすんごい大儲けになるみたいです。
【2007/12/07 16:09】 URL | かみたに #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://nowiswritten.blog121.fc2.com/tb.php/4-7c2511de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。