スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
最近のネット関連ニュース
このブログは「いまを書き記す」なのであり、ネット関連についても言及するブログなのだから、最近のネットニュースについてたいした考えはないですが、書き記しておきます。

マイクロソフトがヤフー買収提案
先週の金曜日辺りからネット界を賑やかせているのがこのニュース。
いろんな記事を読んでみたところ、今のところはマイクロソフトが「ヤフーを買収したいなー」と一方的に言っている状態で、何らかの交渉に入ったり株の買占めを始めたということではない様子(ただし、裏では既に交渉に入っている可能性もある)。
マイクロソフトがヤフーを買収するとどういうことが起こるのか?というと、
○検索エンジンシェアが変わる可能性がある
 ~近い将来には特に影響はないと思う。。。
○フリーメールアドレス、メッセンジャーアカウントを独占できる
これも独占したからどうなの?という気がします。。。

週末に流れたこのニュースに対して
グーグル、マイクロソフトの米ヤフー買収を懸念
というグーグルからの反発的意見が出てきている。さらにこの意見に対してマイクロソフトが反論したり、という意見の応酬はされているが、肝心の買収工作は特に進んでいないようだし、ニュースにもマイクロソフトとヤフーの具体的な交渉は出てこない。
裏のほうでいろいろあるんでしょうか。


モバゲーを運営するDeNAの時価総額は1500億円毀損、携帯フィルタリング導入政策の大きすぎる波紋
僕的にはマイクロソフト~ヤフーのニュースよりもこちらのほうが気になる。

モバゲーとは中高生辺りを中心に人気を集めているゲームやコミュニティなどを中心とした携帯ポータルサイトなのだけれど、総務省の指導で各携帯キャリアが実装する「携帯フィルタリング」を導入すると、18歳未満の携帯加入者からはモバゲーを中心とした「コミュニティ機能が搭載された携帯サイト」へアクセスできなくなる。
そうすると、18歳以下のユーザーを中心に集客してきたモバゲーはビジネス自体が立ち行かなくなる可能性も出てくる。

さらに、この影響はモバゲーだけにとどまらず、コミュニティ機能(掲示板やSNSなど、ユーザー同士がサイト上でコミュニケーションする機能)が搭載されているサイトはすべてフィルタリング対象になる可能性が高いらしく、そうなると18歳以下のユーザーはネット上のコミュニティに参加できなくなる。
そうなると、若い層を中心に進化してきた携帯サイト文化は沈静化してしまうだろうし、その結果、ビジネスが立ち行かなくなる企業も出てくるだろうし、若者文化にも大きな影響が出てくると思われる。

「まぢわかんない」「悪い大人を取り締まって」――携帯フィルタリングに未成年者の反応は
一方で当事者である未成年者の思いは分かれているようで、フィルタリングを「しょうがない」と感じる人もいれば、「冗談じゃない」と感じている人もいる様子。

ただ、フィルタリングによって18歳未満のユーザーにはコミュニティ系サイトへアクセスできないようにすると言いつつ、各キャリアの公式サイトへはこれまで通りアクセスできるという噂も出ている。
そうなると公式サイト離れが進みかけていた携帯サイトの世界観が、また公式サイトに頼る構図に戻ってしまい、各携帯キャリアが携帯サイトを牛耳る構図が戻ってしまうかもしれない。

というわけで、携帯サイトのフィルタリングについては、もう少し追っかけてみたい。
スポンサーサイト
【2008/02/06 01:32】 | ネットでの話題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<わかりやすいドキュメントを作る | ホーム | [書評]過剰と破壊の経済学 「ムーアの法則」で何が変わるのか?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://nowiswritten.blog121.fc2.com/tb.php/38-65d79b2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。