スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
最近の子ども番組事情 現状編
冬休みの間は子どもと過ごす時間が多かったので、子ども番組を見ることも多かった。
そこで気になったのが、子どもだけのための子ども番組の少なさだ。

僕が子どもの頃(25~30年ほど前)は、小学生が学校から帰ってくる16時にはウルトラマンなんかのヒーロー実写系番組やアニメ番組の再放送が多く放送されていた。そして、中学生・高校生が帰ってくる17時ぐらいになると、学園物を中心としたドラマの再放送が流されていた。
そして、18時代は宿題をやれということなのか、ニュース番組が多かったが、テレビ東京系のチャンネルではさらに古いアニメの再放送や海外から買い付けてきたチープなアニメが流されていた。
食事時の19時になると、ゴールデンタイム。
その時代に最も流行っているアニメ番組が流されていた。
といっても、19時代がぜんぶアニメ番組だったわけではなく、ぴったしカンカンとか霊感山勘第六感(漢字には自信なし)とか、ハイ&ローとか、家族で楽しめるクイズ番組もたくさん放送されていた。
でも、夕方から19時ぐらいの時間帯は子どもが見るための番組がすごく豊富だったと思う。

それに比べると、今はアニメを中心とした子ども番組がすごく減っている。

まず、平日の夕方の時間帯を見ると、16時代はドラマの再放送が多く(水戸黄門なんかの時代劇はまだ健在!)、17~18時代は2時間番組のニュースでほぼ占められている。
そんな中で、NHKは乳幼児から小学校低学年向けの子ども番組を流しているし、テレビ東京系でもアニメの再放送をやっている。
でも、僕が子どもの頃に比べると、夕方は子どものための時間帯ではなくなってしまっている。

ゴールデンタイムの19時代はどうかというと、子供向けのアニメ番組が流れるのは1チャンネルぐらいしかない。ナルトやコナンやドラえもんクレヨンしんちゃんなんかがやってるけど、火曜はアニメはやってない。そんな状況なのだ。

土日になると、少し状況は変わってきて、朝早い時間帯は子ども番組が多くなる。
それも早朝6時頃からアニメ番組が始まり、10時頃になると、バラエティの時間になってしまう。今の子どもは早起きしないと、アニメが見れないのだ。

と、ここまで書いて続きはまた。。。

スポンサーサイト

テーマ:マーケティング - ジャンル:ビジネス

【2008/01/17 03:38】 | 市場変化 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<最近の子ども番組事情  つづき | ホーム | [書評]2ちゃんねる、中島らも、ホームレス中学生>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://nowiswritten.blog121.fc2.com/tb.php/33-3b3d3ba7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。