スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
[書評]モバゲータウンがすご理由、大人が知らない携帯サイトの世界
小飼弾さんのブログ「404 Blog Not Found」のエントリーを読んで、僕の中の読まなきゃリストに入っていた携帯関連の書籍2冊をようやく読み終わった。

モバゲータウンがすごい理由~オジサンにはわからない、ケータイ・コンテンツ成功の理由
石野純也著
大人が知らない携帯サイトの世界~PCとは全く違うもう1つのネットの世界
佐野正弘著

僕はもう10年ほど前からネットが繋がったPCに向かってほぼ1日中仕事をしている。そんな僕にとってはWEB=PCサイトで、携帯サイトの面白みはよくわかっていなかった(今も多分わかっていない)。携帯でWEB接続するのは
・メールを読む/送る
・乗り換え案内を調べる
・SNSの書き込みを読む(たまには書く)
・スケジュールのチェックをする
1年ほど前から意識して携帯サイトも使わなきゃなと思っているけど、今でもこんなぐらいの使い方しかしていないし、携帯専用のWEBサイトというのもほとんど使っていない。

この2冊を読んでわかったこと、納得したことは、
○ネットの利用法がPC世代とケータイ世代に分断されていること
○ケータイ世代にとってはPCでのweb接続を面倒なものと感じ、特に必要性を感じていないこと
○PC世代にとってはケータイwebを知らないし、PC経由では知りにくいこと
○PCでのweb接続、ケータイでのweb接続ごとにユーザーが切り分けられていること
 (PC利用の人はケータイで見ないし、ケータイ利用の人はPCではwebを見ない)
そして、おそらく、これからはPCを開いている時(仕事中の時)はPCでwebを見るし、PCが目の前にないプライベートの時はケータイでwebを見るようになっていくんだと思う。
当然、これはPCを前にして働くオフィス・ワーカーの場合であって、外回りが中心の営業マンや特にPCを使わない職種の人にとってはビジネスシーンでもプライベートシーンでも携帯サイトを中心に使うようになっていくように思う。

この予測が正しければ、B to B系のビジネス向けWebサイトはPCで見ることを前提で作られるようになるだろうし、買い物や飲食店などの店探し、SNSなどのコミュニティサイトは携帯で見られることを前提に作ったほうがいいように思う。
そうなると、現在の消費者向けweb業界の地図は大きく書き換えられるかもしれない。
ぐるなびや楽天、アマゾン、MIXIなど、今は一人勝ちな状況にある各セグメントも携帯でも勝てるかによって、状況が変わっていくのかもしれない。

そして、この予測が正しいと、不安に感じてしまうのが、日本だけが携帯に特化していくのだろうか?ということ。
プライベートwebサイトにおいて、日本だけで携帯サイトが標準になっていき、世界的にはPCサイトが標準のままだと、日本のweb文化は世界から引き離されてしまうかもしれない。

一方で、世界的にもプライベートwebサイトは携帯サイトが標準になったとした場合はどうか?
日本の携帯文化は非常に進化しているといわれており、アドバンテージはあるといわれる。
ただ、APPLEのi-phoneをすぐに日本に導入できないような日本独自のフォーマットがあること、ドコモやau、ソフトバンクといったキャリアが非常に力を持ちすぎていて新規参入が難しいこと。
そんなことを考えると、携帯文化における現在の日本のアドバンテージは、日本のプラットフォームを世界標準化させることができないだけでなく、新しい携帯文化を迎える際の障壁になってしまうかもしれないと思ってしまう。


スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

【2007/12/09 12:24】 | 書評 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
<<Yahoo!Japanリニューアル | ホーム | [マンガ評]釣りキチ三平―海釣りselection>>
コメント
書いていたんだ
お、見つけた!頑張ってるね。^^
時々きますね。
【2007/12/15 00:56】 URL | Waka #-[ 編集] | page top↑
あっ!
そう、最近書き始めたんですよ。
でも、今はドラクエやっちゃって書く暇ありません!
【2007/12/16 02:48】 URL | かみたに #-[ 編集] | page top↑
あ、本当に更新してない。(笑)
禁断のドラクエにはまっているのね。
本をこれから購入しまーす。

ドラクエもいいけど仕事頑張って!
【2007/12/25 10:01】 URL | Waka #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://nowiswritten.blog121.fc2.com/tb.php/30-fed9c7bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。