スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
[マンガ評]釣りキチ三平―海釣りselection
先週、事務所の飲み会で1つ歳下だけどほぼ同世代の仕事仲間と3人で釣りキチ三平の話でヤケに盛り上がった。

吊りキチ三平とは僕が小学生の頃に週刊少年マガジンに連載され、アニメ化もされた釣りマンガで、僕の同級生はほとんど読んでいたような気がする。
そして、僕は琵琶湖から自転車で20~30分で行ける好ロケーションに住んでいたため、鮒やモロコ、鯉釣りから始まって、ブラックバスやブルーギルなんかを小学生の頃から釣っていた。それも子ども達だけで池に行ったり、川に行ったり、琵琶湖に行ったりと、いろんなとこで釣っていた。
自分の子どもが同じことをしていたら怖いだろうなと思うけど、釣りをしていて根掛かり(水中の何かに針が引っかかって取れなくなること)をしたならズボンを脱いで水中に潜って針を(特にルアーを)外したりもしていた。

釣りキチ三平の話から子どもの頃の釣りの話を二人に話すと、驚いたことに二人ともほとんど釣りをしたことがないらしい。僕からすると三平を読みながら釣りをしないというのは驚きだけど、僕が釣りをしやすい環境で育ったことがラッキーだったのかもとも思った。

で、今回読んだのは「釣りキチ三平―海釣りselection」。
昔の三平は池や沼、川や渓流、海といろんなところでバラバラと釣っていたのだけど、文庫版で売られている三平は、釣りのロケーション別に「海釣り」「湖沼釣り」「川釣り」の3つに分かれているらしい。
僕がFさんに借りて読んだ海釣り編は、石鯛釣りから始まって、有明海のムツゴロウ釣り、カナダのサーモンダービー、ハワイのブルーマーリン、無名島でのキャスティング大会と三平の中でもドラマチックなお話がてんこ盛り。
ただ、実際に釣りをしていた僕にとっては現実感を感じにくく、普通にイケや渓流で釣ってる三瓶を読んでみたいなと思いました。

というわけで、来週辺りには湖沼沼釣り編をFさんに借りる予定です。


スポンサーサイト
【2007/12/08 03:05】 | 書評 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<[書評]モバゲータウンがすご理由、大人が知らない携帯サイトの世界 | ホーム | [書評]フラット化する世界 トーマス・フリードマン>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://nowiswritten.blog121.fc2.com/tb.php/29-f081bd2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。