スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ワリカンで領収書が切れる飲食店
「ビジネスアイディア」ってほどではないんですが、ワリカンで領収書が切れる飲食店って流行りそうな気がしませんか?

「接待」に厳しい企業や職種が増えているらしいんですが、これで困るのが、仕事で取引先と会食をしているのに経費で飲食代を落としにくいこと。
「取引先を接待しました!」なら領収書を堂々と出せるけど、「取引先と会食しましたがワリカンだったので、私の飲食費です」なら申請しにくいですよね。
おまけに、飲食店で「ワリカンで、領収書も別々で」なんて、言いにくいですよね?

でも、「個別会計分の領収書発行します」ってレジとかに書いてくれていると、気軽にワリカン領収書を頼めるし、そんな店があったらワリカン会食の際は利用しそう。
でも、これじゃビジネスアイディアというよりは、「商売の知恵」レベル。

これをビジネスアイディアまで持っていくなら、領収書発行を機械化しちゃえばいいんだと思う。

レジの代わりに自動販売機みたいなレジがあってそこで領収書をワリカン発行してくれるとか、レジでもらったレシートを通すとワリカン領収書を発行してくれる機械とか、そんなものを開発すればビジネス化も可能かも。

でも、飲食店を営んでいる方は、これからの忘年会シーズンに向けてレジ横に「ワリカン領収書お申し付けください」ってポスターを貼っておくだけでも売り上げアップに繋がるかもよ。
スポンサーサイト

テーマ:ビジネスアイディア - ジャンル:ビジネス

【2007/11/22 03:19】 | Idea | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<スーパーで行われている水の無料サービス | ホーム | エコな地下鉄ホーム広告>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://nowiswritten.blog121.fc2.com/tb.php/26-d4f87bb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。