スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
生まれたタイミングでの運不運ってのはあるけど
昨日、姉の誕生日だった。
もう48歳。自分も含めて、いよいよすごい歳になってきたなーと思う。

誕生日だからといって、プレゼントを贈りあうような兄弟でもないんだけど、
いまはLINEなんて便利なものもあるので、「おめでとう!」ってメッセージを
送っておいた。
そこから、いろんな話が続いたんですが、うちの姉が生まれたタイミングは
ラッキーだったよねという話になった。

というのは、うちの姉の学年は丙午(ひのえうま)といって、「丙午生まれの
女性は気性が荒く、夫を殺すこともある」とかい迷信があり、実際に出生率が
下がってるんです。
詳しくはこちらを

で、同学年の子どもの数が少ないから、受験や就職が比較的楽だったりして、
競争意識が希薄なポワ〜んとした人が多いらしいのです。
で、姉自体は丙午ではなく未年なので、よりラッキーと。

で、自分のことも振り返ってみたところ、、、
●高校受験の時に学区制度が新たになり、いきたかった高校にいきにくくなった
●大学受験で一浪して就職活動に入る年にバブルが弾けて就職活動状況が思いっきり変わった
と、けっこう損してるように思います。
とかいっても、20年以上前の話ですが。

とはいえ、生まれ年による外的要因で自分の人生はけっこう影響受けてんだろうなと思います。
スポンサーサイト
【2015/02/08 12:45】 | 戯れ言 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<学校に関連する費用はすべて無償化した方がいい。してほしい。 | ホーム | アートと普遍性>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://nowiswritten.blog121.fc2.com/tb.php/231-6d6dfc8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。