スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
「妖怪ウォッチの作者って誰なんだろう?」からはじまる作者とか著作者とかブランドとか
高校生の息子から「妖怪ウォッチの作者って誰なの?」と問われ、「妖怪ウォッチはレベルファイブっていうゲーム会社が作ってるから、作者っていうのはいないんじゃないかな?」と答えてからいろいろ考えてる。

漫画なら作者は明確だけど、ゲームだとどうして会社の名前が前に出てることが多いんだろう?

漫画だと個人で描くことが多いけど、ゲームだと会社で創るから?
でも、映画は監督の名前が前に出ることが多いよね?
(でも、ピクサーやディズニーの場合は監督よりも会社が前に出てるような気がする)

で、ちょっと調べてみた。

ドラゴンクエストは、堀井雄二というゲームデザイナーが生みの親と呼ばれるけど、堀井雄二の作品としてよりもスクエア(現・スクエア・エニックス)の作品として呼ばれることが多いような気がする。

他にも、マリオブラザースやスーパーマリオの生みの親は宮本茂さんだと言われるけど、任天堂のゲームとして知られると思う(宮本さんは任天堂の社員としてマリオを開発)。
じゃあ、ポケットモンスターは?と調べてみたら、ポケモンはてっきり任天堂開発のゲームだと思っていたら、もともとはゲームフリークという会社が開発元だったんですね。
で、ゲームフリーク社長の田尻智さんという方が生みの親であり、原案者であるらしい。

むー、ゲームの場合、生みの親という個人がいながら、どうして会社が前に出るんだろう?

作者が会社に所属していたから個人より会社の名前が前に出るのか?とも考えてみたけど、ドラクエの堀井雄二さんの場合は、スクエアと近い関係にあったけど社員ではなかったみたい。

じゃあ、なんで?と考えつつ、まだ、明確な結論は出ていないけど、たぶん、こうじゃないか?と。

おそらく、堀井雄二の「ドラゴンクエスト」というよりも、スクエアの「ドラゴンクエスト」の方が売りやすいからなんだと思う。
ジョン・ラセターの「トイ・ストーリー」よりも、ピクサーの「トイ・ストーリー」の方が売れるんだろうし。

要はブランドなんだと思う。

ジブリと宮崎駿だと、どちらの名前も強いから両方の名前が出てくる。
家電なんかだと、ふつうは会社のブランドが強いんだけど、AppleやMicrosoftは創業者の名前も強いから前に出ることもある。

とか書きながらも、小説や絵画、音楽、漫画のように個人で創作できたものから、映画やゲームのように個人ではなく会社やグループで創るものが増えてくると、著作権や作者という概念が変わってくるんだろうなとも思う。

そういう意味では青色LEDの作者というのもどう捉えればいいんだろう?
スポンサーサイト
【2014/10/14 02:31】 | 戯れ言 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<鈴木さんと佐藤さん | ホーム | 誕生日祝いって、すごく大事だということを今さら知った>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://nowiswritten.blog121.fc2.com/tb.php/226-e7828553
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。