スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
何度も読み返すことが多い小説たち 2
何度も読み返すことが多い小説たち 1の続きです。

何度も読み返すことが多い小説たち 1では、アラフォーな人ならけっこう読んでる人が多いだろうなと思う2冊をご紹介しましたが、今回のはどうだろう?

まず、1冊目は、高橋源一郎の「さようならギャングたち」。

詩のようなきれいな言葉が散りばめられた、すごく愛情深くて哀しいお話なのですが、好きな人にはすごく愛おしくなるけど、気に入らない人も多そうな小説です。
というのは、話の筋道がブツ切りになっていたり、説明的な文章がすごく少ないので、読んでいて
「何がどうなってるのか、わからない!」
という状況に陥りがちなのです。

でも、それが面白いし、気持ちいいんです。
最近、読み返してないから、久しぶりに読み返したくなってきた。


2冊目は、ロバート・B. パーカーのスペンサーシリーズの「初秋」


ジャンル的には、ハードボイルドと呼ばれる探偵小説なのですが、主人公のスペンサーはタフさには異常なこだわりを示すけど、饒舌というかおしゃべりな探偵。寡黙な探偵が多いハードボイルドのキャラクターではないです。
そんなスペンサーを主人公にしたスペンサーシリーズの中でも「初秋」はちょっと変わった一作です。

普通の探偵小説は、事件を解決する様子をストーリー化していくけど、「初秋」ではそもそも事件ではなく、ひとりの少年の自立をスペンサーが解決というか、導いていくお話。
スペンサーが諭し、伝えていく「自立とは?」とか「ひとりで生きていくために経験すべきこと」を読みながら、自分を振り返っているのかも。ある種、イニシエーション的な小説なのか。

もしかしたら、「初秋」はロバート・B. パーカーにとっての「ヘイジュード」なのかもしれません?

3冊目は、ドン ウィンズロウの「ストリート・キッズ」。


これも探偵小説で、子どもが主人公。
さらに、ろくでもない母親と暮らしている主人公が自立していくお話(前半)という点でも「初秋」に近い。
ただ、「ストリート・キッズ」は、後半で自立した主人公がひどい境遇にある女の子を救い出そうとするというお話もついてくる。

でも、「初秋」も「ストリート・キッズ」も大人になっていくためのイニシエーションがテーマなんだろうなと、いまさら気付きました。何度も読み返していたというのに。

そうか、そうだったのか。
やっぱり、僕はまだまだ子どもというか、ガキなんだろうな。

スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:日記

【2013/03/03 02:46】 | 書評 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<これからRCサクセションを聴きはじめる人へ | ホーム | 何度も読み返すことが多い小説たち 1>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://nowiswritten.blog121.fc2.com/tb.php/219-50bfff68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。