スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
コロプラさんのお話を聞きに行ってきた
ASSIOMAさん主催のコロプラさん「位置ゲービジネス最前線」、ICTトレンドウォッチ「IPv4アドレス枯渇って何?」の勉強会に行ってきました。

今年は秋ぐらいからadtechTokyoをはじめ、いろんなイベントや勉強会に参加してきたのに、ぜんぜん書けてない。
勿体ない。
というわけで、またまた久々のエントリーです。

コロプラとは、位置ゲーと呼ばれるジャンルのGPSを活用したゲーム。
移動した地点でGPSを使ってアクセスすることで、移動した距離分の仮想通過がもらえたり、位置ごとでアイテムが得られたりするゲームのこと。
詳しくはこちら

このゲームはかなり使われているようで、メモった数字はこんな感じ。
ユーザー数:160万ぐらい
ユーザーあたりPV:1500/月
位置登録数:約4千万

なお、位置登録数は今年の何月(聞き逃し)かのタイミングでフォースクエアのワールドワイドでの位置登録数と同じだったとか。

このほか、11月11日の位置ゲーの日に導入された位置ゲープラットフォーム、「コロプラ+」(名前が被っているのでわかりにくい。。。)や、コロプラを使ったプロモーション事例などを紹介されていた。

ここも面白いのだけど、割愛させていただいて、今日のお話ですごく記憶に残ったのは、コロプラの長谷部さんのお話に出てきた下記の2点。

まずは、リアルとは?のお話。
前段に、ネットの歴史=情報フィルタリングの歴史として
●ポータルサイト
 人がWebサイトを整理してインデックス化した
 →クリック数によるサイトの人気度合いがわかるようになった
●サーチエンジン
 ロボット型のサーチエンジンによりサイトをインデックス化した
 →文字を入力して検索するようになり、結果、検索ワードを入手できるようになった
●ソーシャルメディア
 人の繋がりにより、、、(記憶が曖昧だ。。。)
 →こちらも曖昧だが、要は、人と人、人と情報による関連付けで情報を整理、入手すること(たぶん)

そんなお話の後に、現在のWebはリアルと融合しつつあるというお話。
リアルとの融合手法として、
●人間関係を取り入れた
 facebook
●時間を取り入れた
 Twitter
●位置を取り入れた
 コロプラ、フォースクエア
●五感を取り入れた
 セカイカメラ、AR
というお話があった。
「五感」という言葉は僕的にはしっくりこないけど、全体的にはすごく整理された気がした。
以降は、この5つの軸が混ざり合ったWebサービスが開発されて、Webはどんどんリアルに近くなって行くんだと思う。


もう一つのお話は、AIDMAのお話。
AIDMAは、かなり昔から使われている購買行動をモデル化したもので、
Attention(注意)
Interest(関心)
Desire(欲求)
Memory(記憶)
Action(行動)
の5段階での購買行動として言われる。
こんなのは日本でしか使われてないよとも言われるけど、日本ではマス広告を説明する際に非常によく使われているもの。

そんなAIDMAを長谷部さんは、
今時は興味なんてなかなか持ってもらえないし、情報量が多すぎて記憶なんてしてらんないという。
ほんと、確かに。

そして、AIDMAをコロプラ的にはこんな風に置き換える。
Attention(注意)
Incentive(報賞
Desire(欲求)
Move(移動)
Action(行動)

インセンティブを提供することで、ヒトを動かせば、購買行動もついてくる。
そういうことらしい。

この辺りはすごくハラオチした、そんなセミナーでした。
スポンサーサイト
【2010/12/22 01:54】 | イベント | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<[書評]ブルー・ローズ 馳星周著 | ホーム | [読書メモ]バイラル・ループ あっという間の急成長にはワケがある>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://nowiswritten.blog121.fc2.com/tb.php/207-08064f90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。