スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
クチコミの技術 広告に頼らない共感型マーケティング
話題になっている「ツイッター 140文字が世界を変える」を書かれた、コグレ マサトさんと、いしたに まさきさんの以前の共著。
「クチコミの技術」は既に読んでいたと思っていたけど、どうも読んでいなかったみたいだったので、「ツイッター 140文字が世界を変える」を読む前にこっちも読んでおいた方がいいだろうと読んでみた。


まず、簡単な著者紹介から。
コグレマサトさんは、「[N]ネタフル」という人気ブログを書かれている方。
いしたにまさきさんは、「[mi]みたいもん」という人気ブログを書かれている方。

お二人とも、いわゆるアルファブロガーと呼ばれる方で、自分のブログを書くことで、「どんなエントリーがアクセスを集めるのか」とか、「どんなエントリが他のブログへのエントリーへと拡散するか」を身をもって体験されているから、何かと説得力がある。


「クチコミの技術」を読んで、あぁ、ここはメモっておかなきゃと思ったのはこんなところ。

まずは、どんな商品・サービスがブログなどのクチコミに向いているか

ブログに向いた商品とは
・体験しないとわかりにくい商品
・説明してもらわないと使い方がわかりにくい商品
・スペック表だけではよさがわからない商品
・趣味嗜好のこだわりが強い商品



そして、よいクチコミを産むためにはどうすればよいのか?

クチコミのための7ヵ条
1.担当者が自分の言葉で語る
2.頻繁に更新する
3.コメントやトラックバックを受け付ける
4.ブログを通じて会話する
5.質の高い製品やサービスを提供する
6.ストーリーを提供する
7.ネタを提供する



逆に、クチコミを期待してやってはいけないことはどんなことなのか?

やってはいけない5ヵ条
1.嘘をつく
2.謝らない
3.対応のスピードが遅い
4.記事広告であることを隠す
5.ブロガーを対等に扱わない



これを読んでいて、以前に読んだ「ウェブはバカと暇人のもの」で書かれていたことと、共通するところもあれば共通しないところもあるなと感じた。

最近思うんだけど、ブログもTwitterも、メールマガジンなんかも同じで、結局、この「クチコミ技術」で書かれているようなコトに気を付けないといけない。
そして、ユーザーとの関係性を作り出そうとすれば、スキルだけでなく気持ちの部分が大きく影響するんだとも思う。
ホスピタリティとかおもてなしとかの言葉で語られることが多いけど、昔の八百屋や魚屋のおじさんが店先でお客さんと話していた、あんなことがうまくできれば、ブログでもTwitterでもメールマガジンでもうまくいくんだろうと思う。

また、ダラダラと書いてしまいましたが、いちばん大事なことは
ユーザーやお客さんとコミュニケートしたいという気持ちを真剣に持つこと
これに尽きると思う。
そのためのスキルは「クチコミの技術」なんかを読んで学べばいいし。
でも、この気持ちがなければ、どんなにスキルを身に付けても意味がないと思う。
スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:日記

【2009/11/01 12:10】 | 読書メモ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<「自分ごと」だと人は動く 情報がスルーされる時代のマーケティング | ホーム | 目に見えない資本主義 Invisible Capitalism 貨幣を超えた新たな経済の誕生 田坂広志>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://nowiswritten.blog121.fc2.com/tb.php/182-f80a5120
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。