スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
情報を選ぶということ Twitterの場合
小学生の頃の教科書に「情報化社会がやってくる」と書かれていたような記憶がある。

高校生になっても、大学生になっても、いろんなところで「情報化社会」という言葉を聞いたし、いま、この現在は既に情報化社会らしい。

「情報化社会」という話が出る時に、セットで出てきたのが「情報を見極める力が必要」ということ。
ウソや正確じゃない情報、必要じゃない情報が溢れている中で、必要で正しい情報を見極めないといけないなんてことがよく言われていた。

そんなことをTwitterをやりながら、ふと思い出した。

Twitterは自分がFollowする(発言を読む)人を選択することでTimeline(発言の一覧)が生成される。
一人しかFollowしないと一人の発言だけがTimelineに掲載されるし、1000人をFollowすれば1000人の発言が時系列に掲載される。
誰の発言を掲載するのかが、すべてユーザーに託されている。

情報(人)を見極める力によって、面白いTimelineが作られることもあれば、退屈なTimeline、ウソばっかりのTimelineができあがったりもするわけ。
実際、有名人に成りすましたアカウントもあるし。

で、Twitterで人を選ぶ=情報を選ぶ訓練をするといいかもな、と思った次第。
長い割にはカンタンな意見。
こんな発言こそ、140文字以内にしてTwitterでつぶやけばいいんだ。
スポンサーサイト

テーマ:なんとなく書きたいこと。。 - ジャンル:日記

【2009/10/12 17:29】 | 戯れ言 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<保育園の運動会を見ながら、教育って・・・を一瞬考えた | ホーム | ウェブはバカと暇人のもの 現場からのネット敗北宣言 中川淳一郎著>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://nowiswritten.blog121.fc2.com/tb.php/179-be5af44f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。