スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
Meet the Music .09 忌野清志郎Rock'nRoll Radio Show
夜になってTSUTAYAディスカスから届いたRCサクセションの90年代後半のライブDVD「the TEARS OF a CLOWN」を観ていた。
「the TEARS OF a CLOWN」はCDでも出ていて、僕の愛調盤なので、曲のアレンジ具合から息遣いまでぜんぶ記憶しているけど、映像がつくとまたいいなぁと思いながら観ていた。

「the TEARS OF a CLOWN」は80年代半ばのRCサクセションの日比谷公会堂でのライブを収めたアルバム。この頃のRCは事務所移籍なんかのゴタゴタが片付き、RCも清志郎も新たに動き出そうとする、そんな時だった。
この後には、清志郎のソロアルバム「レザー・シャープ」をリリースしたり、RCの2枚組みアルバム「MARVY」、その後には「COVERS」「TIMERS」へと続く、そんな時代に出たライブ盤で、情感いっぱいに歌い上げられる「ヒッピーに捧ぐ」やライブ感いっぱいの「NEVER NEVER」、DVDには収録されていないけど「君はそのうち死ぬだろう」なんて曲まで入っているほんとオススメのアルバムなんである。

感想をTwitterにポストしながら。
そして、Twitterのタイムラインを読んでいると、、、今日が清志郎の特番の日だと気付いた!
そう、これです。
kiyoshiro_radio
気付いて、慌ててラジオを探したがない。
コンポの電源も付けてみたけど、ラジオのアンテナが繋がってない・・・。
慌ててアンテナを探すが、無理。
携帯で聴こうと思ってもできない。
じゃぁ、ネットでと思ったが、FM局って、リアルタイムのネットラジオ放送はやっていない。。。
時間だけが過ぎていく、焦る。。。

ネットで「FMラジオをインターネットで聴く方法」を探すがなかなか見つからない。
Twitterで「インターネットでラジオを聴く方法」を尋ねてみるが、いい回答にはめぐり合えない。
焦って焦って、ネット検索をして、ようやく見つけたのがここ,Key Hole TV & Key Hole Video

ようやく聴けたラジオでは、チャボがこう話していた。
「清志郎がそうなってからは・・・」。
清志郎の死を看取ったチャボでさえこうなんだ。
「死」という言葉を使わず、使えず、「そうなった」と。

今日は「the TEARS OF a CLOWN」DVD版をはじめて観て、その後に清志郎特番のラジオを(途中からだけど)聴き、なんかまた感傷に浸ってしまった。
そして、RCの活動休止から、その後について、感じたこと。

清志郎とチャボはRCで20年ぐらい一緒にやってきて、バンドのみんなで支えあってやっていくのではなく、自分ひとりの力を試し、力を付けていくためにRCを休止し、ソロ活動を始めたんだろうと思う。
そして、ソロ活動を10年ほどやって、「また一緒にやろうか」という感じになりかけていたところの発病であり、清志郎の死だったんだと思う。

あと、5年。あと、5年、清志郎が長生きしてくれていたら、もっといろんな曲が聴けたのに、いろんな展開を楽しめたのに。
ネットでラジオを聴いていて、新たにまた悲しくなったよ。






スポンサーサイト

テーマ:なんとなく書きたいこと。。 - ジャンル:日記

【2009/09/20 04:22】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<雑誌よ、甦れ 「情報津波」時代のジャーナリズム 高橋 文夫著 | ホーム | サイバーバズが「専門家ブロガー」を開始>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://nowiswritten.blog121.fc2.com/tb.php/176-95a80f2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。