スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
2009.8.30衆議院選挙
まだ、すべての開票が終わったわけではないけれど、民主党が議席の過半数を上回る300議席強を確保。一方の自民党は100強の議席に留まっている。
この議席数は、自民党が小泉旋風によって圧勝した前回の郵政選挙の議席数をちょうどひっくり返した数に近い。
もともと与党だった自民党が「圧勝」した時に得た議席とほぼ同じ数をもともと野党だった民主党が獲得したのだから、今回の衆院選がいかに革命的だったのかがわかる。

でも、この選挙結果から約200人の国会議員ビギナーが誕生したんだろうし(元国会議員の人もいるから、みんながビギナーなわけじゃないけど)、一方で、ベテラン議員を含む約200人の国会議員経験者が国政から去っていく。

民主党は今回の選挙で政権交代をして、政治の刷新をしたいんだろうから、当事者である政治家が入れ替えされるのは当たり前なんだけど、ビギナー国会議員たちで大丈夫か?とは不安に思う。
変わるためにはしょうがないんだろうけど。

しかし、今回の議席数の入れ替わり具合はすごかった。
これは1選挙区から1名しか当選者が出ない小選挙区制の影響が大きいんだと思う。

そもそも小選挙区制は強者のための選挙方法で、1位の人しか当選できないから、2番目3番目の政党が育ちにくくなる。
今は社民党になっている社会党は以前はもっと力を持っていたのに、小選挙区制になって議席数をかなり減らしてしまったように思う(たぶん)。

そんな強者のための選挙制度だったはずの小選挙区だけど、民意が拡大解釈されたのが、今回の選挙結果なんだと思う。
自民党としては、他党の力を伸ばさせないために作り出した小選挙区制によってしっぺ返しを食ったというのか・・・。

いや、しかし、これから日本はどうなるんだろう?
まずは、「変わらなきゃ」の第1章はクリアしたけど、うまく変わってくれることを切に祈っています。
スポンサーサイト

テーマ:なんとなく書きたいこと。。 - ジャンル:日記

【2009/08/31 01:42】 | イベント | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<広告新時代 ネット×広告の素敵な関係 | ホーム | [読書メモ]幻の1940年計画 指南役>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://nowiswritten.blog121.fc2.com/tb.php/172-2af24037
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。