スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
[読書メモ]幻の1940年計画 指南役
1940年というと、大政翼賛会が成立した年であり、第二次世界大戦への参戦のきっかけとなった真珠湾攻撃の前年。
1940年へ至る1930年代は、満州事変~5.15事件~国際連盟脱退~2.26事件など、軍部が力を持ち、国が戦争へと向かってしまっていくそんな時代と捉えていた。

でも、「幻の1940年計画」を読むことで、それは一面的な捉え方であることがわかる。
1930年代の日本は、新しい百貨店がどんどん建ち、人々が映画やカフェーを楽しみ、洋装の人が増え、モダンな街へと移り変わっていったそうだ。

そして、紀元節でいう2600年にあたる1940年には、東京オリンピック、万国博覧会、テレビ放映の開始、東京下関間を9時間で結ぶ弾丸列車を開通させようとしていたらしい。
それも、荒唐無稽な夢としてではなく、現実的な事業計画として。

これらのことを知ることは驚きだったし、当時の日本にとっては戦争以外の選択肢もあったんだろうことが想像される。
「幻の1940年計画」は、第二次世界大戦当時の日本を考えるにあたっても、これからの日本を考えるにあたっても、大きな材料になるように思う。


話は変わって、この本の著者・指南役について。
著者の名前を見て、この著者の本を以前に見たことあるよな、読んだことがあったよな・・・と探してみた。


こんなマーケティング関連の本を書いている人、でも変わったペンネームと思っていたら、そういうわけでもないらしい。

指南役というのはエンタテイメント企画集団で、

元は、福岡市内の城南高校の水泳部内に、草場滋を中心に結成された「第5の泳法」 を研究・開発するチームでした。その動機は、イギリスのラグビー高校が、かつて フットボールの試合中の反則がキッカケで「ラグビー」を生んだような伝説を創りた かったので・・・
その後、指南役は、次第に様々な独創的な遊び(ex.オレ麻雀)を考案するチームへ と変貌。水泳部からも独立し、エンターテイメントの分野で、独自の研究・開発を行 うチームとして、現在に至ります。 なんだかんだで、結成されて、もう今年で18年目です。

指南役のメンバーは、草場滋を中心に4~5人で構成されていますが、プロジェクトの 内容によっては、その都度、友軍的なメンバーも加わります。「指南役」は、固定し た組織というより、ある方向を持った「プロジェクトの総称」に近いイメージです。 現在、指南役のデスクは、ホイチョイプロダクションズの2Fに間借りさせてもらって います。何か面白いことを始めたい時・・・気軽に、指南役までご相談下さい。

というようなところらしい。

ちょっと気になるので、新刊の「サービスのサービス」を読むほか、ちょっと指南役をFollowしてみようかと思います。
ちなみに、指南役のWebサイトはこちら

スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:日記

【2009/08/23 14:04】 | 読書メモ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<2009.8.30衆議院選挙 | ホーム | ウェブの未来をしっかり感じさせてくれたWISH2009 >>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://nowiswritten.blog121.fc2.com/tb.php/171-f0a1c696
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。