スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
[読書メモ]PR最強集団のTOPが教える55の法則 何故あの会社はメディアで紹介されるのか?
最近、僕の界隈(Webやプロモーションや広告やマーケティング)ではPRが流行っている。
「流行っている」という言葉はおかしいかもしれないけど、PRが注目されており、意識されている。

僕が関わる仕事では、「WebPR」として話が出ることが多いけど、Webの台頭(浸透)によって、現在ではPRと広告、プロモーションと広告、SPとPRなどなど、領域がどんどん崩れだしている。さらに崩していかないとうまく回らなくなってきている。

だから、企業コミュニケーションを考える際は、広告~プロモーション~PRを一体として考えつつ、マスメディアもターゲティングメディアも含めてタッチポイントして、コミュニケーションプランを考えないといけない。
厄介だけど、楽しい時代になっている。


今回、読んだ「PR最強集団のTOPが教える55の法則 何故あの会社はメディアで紹介されるのか?」は、PR会社の株式会社ベクトルのCEO西江肇司さんが書かれたPR手法の指南書。

営業&企業ブランド作りを目的で書かれたであろうこの本は、具体的なPR手法を紹介してくれている。

55の法則の中では、
法則3 PR素材が持つコンテクストを3~6見つけろ!
法則4 メディアジャンルの特性に合わせて、コンテクストを使い分けろ!
などの実際に役立ちそうな法則が紹介されている。

ところどころでは、
●CGMにアプローチする方法のまとめ
●PRで実施すべきサービス領域
 (これは株式会社ベクトルのサービス「PR TIMESが提供する4つのサービス領域」として書かれているが、上記のようにも読み取れる)
●WEB TVの活用例
なども紹介されているし、巻末には「PRケーススタディ100」として、話題化のための100の方法をまとめてくれている。

この「PRケーススタディ100」なんかは、実際の案件を考える際に役立ちそう。

今回、読んだ「PR最強集団のTOPが教える55の法則 何故あの会社はメディアで紹介されるのか?」はPR全体に関する手法論、前に読んだ「戦略PR 空気をつくる。世論で売る。」はWeb時代におけるPRを考える概論てきなところと自分には映っている。
次は最近出た「WEBPRのしかけ方」を読んでみようかと思っている。


スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:日記

【2009/06/29 01:16】 | 読書メモ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ファンタジーとしての探偵小説 | ホーム | 最近、話題のTwitterを>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://nowiswritten.blog121.fc2.com/tb.php/157-bd2bdfad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。