スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
[読書メモ]「思わず買ってしまう」心のスイッチを見つけるための インサイト実戦トレーニング
以前に読んだ「インサイト 消費者が思わず動く、心のホットライン」の続編でもある実戦編。
11月末の段階で、「インサイト実戦トレーニング」を読もうと思っていたのに、4ヶ月も経ってしまった。。。

ここんところ、業務で疲れっぱなしの状態で読んでいたため、電車の中で読んでいるとすぐに眠くなるし、眠気を我慢して目を見開いて読んでいてもなかなか頭に入ってこない・・・という感じだったのですが、これは是非、日々に活かしてみたい本。

まずは、基本的な用語の「インサイト」と「プロポジション」の理解から。
僕の理解では、
インサイト=ユーザーのいろんな心理から抽出されるキーワード。
       ユーザーの志向や考え方を端的かつ具体的に表した言葉。
プロポジション=商品・サービスの特徴・特性をユーザーの感覚で捉えた言葉
          インサイトを商品・サービスへと橋渡しする言葉。

この本は実戦編なので、いろんなHow toが詰め込まれているし、最後のほうにはワークショップの開き方から進行方法まで詳しく掲載されている。
なので、実際に試してみたくなる本(僕もなんかの機会に試してみたい)。

例えば、
●インサイトを発見するツール
●キーインサイトの仮説を作るツール
●インサイトからプロポジションを発想するためのツール
なども掲載されている。

でも、この本は読むだけではなく、試してみないともったないですね。




スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:日記

【2009/03/09 02:55】 | 読書メモ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<リスクヘッジ | ホーム | [読書メモ]ブランドは広告でつくれない>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://nowiswritten.blog121.fc2.com/tb.php/139-6add16a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。