スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
スゴイ不動産屋さん
2月9日月曜日のMJに載っていた賃貸マンションの不動産屋さんを紹介する記事が面白かった。

さらば「万人受け」、物語で誘う賃貸さらば「万人受け」、物語で誘う賃貸
「10人中9人に嫌われる物件こそ大切」。大阪近郊に約400棟・8000戸の賃貸マンションを管理し、入居率9割5分を誇る不動産管理会社がある。中でも目玉の「テーマパークマンション」の家賃は周辺相場より1割以上高く、デザインは奇抜だ。


大阪らしい発想というか、普通の人なら「これはないやろ」と思う部屋ばかり。
例えば、

楳図かずおの紅白の部屋
heya2

テレビで楳図かずお先生の家が裁判にあっているのを見て、これは出てもらわなければとオファーをしました。
楳図先生は大変乗り気で、自らペンをとっていただき忠実にリフォームできたと思います。

とのこと。
普通の人なら、「こんな部屋で落ち着けるか!」と思いますよね。
こんな借り手が付きにくそうな部屋は作らないですよね。

夏目ナナの官能の部屋
heya1

官能という言葉を使うとどうしても体裁を気にして蓋をしてしまうのが、日本人の悪い癖だと私は思います。
あえて、芸術としての官能に挑戦した部屋だと思います。
(中略)
リフォームのこだわりは、バスルームの電気を消すと現れるナナさんの写真。
江戸川乱歩ばりの天井裏から盗撮できるマジックミラーの天井
天国まで続く光廊下に、セクシーなキッチン。
8人で入れる浴槽に、秘密のマネキン…。

内装写真を見る限りは、賃貸マンションには見えず、ラブホテルの1室にしか見えない。

ZEUS 20XX
heya3

世紀末マンションは一度作ったものをあえて古く・あえて壊して建築します。
一度綺麗に造ってから壊すため、一手間も、二手間もかかった至高の逸品なのです。
バルコニーには銃の跡として銃弾が埋め込まれております。
また外観からはわかりませんが、実際屋上のロケットは外壁を貫通し室内までロケットの先端が顔を出しております。

世紀末マンションでは、『未来の子供たちに二度と戦争の悲劇』を起こさないようにという意味を込めて、《LOVE&PEACE》と書かれております。

お化け屋敷かカラオケ屋さんぐらいにしか見えないこの部屋に「ただいま~」って帰るイメージが僕にはわきません。


これらは大阪の不動産屋さん、株式会社明来さんの物件。
この商売のやり方が正しいのか、間違っているのか、僕にはわかりませんが、PR効果が高く、クチコミを生み出す物件であることは確か。

賃貸マンションというと、誰にでも気に入ってもらえる、少なくとも嫌われることが少ない平均的な物件が多いところ。
でも、平均的な部屋だと、他の物件でいくらでも代わりが効くため、「より駅から近い」「より安い」「より新しい」などのポイントで他の平均的な物件と争わなくてはならない。

でも、ここに紹介した物件だと、気に入ってくれる人は限りなく少数だけれども、代わりが効く物件なんてそうそうない
だから、少々駅から遠かろうが、少々高かろうが、少々古かろうが、代わりがないんだからこの物件が欲しくなる。

「この物件でいいや」ではなく、「この物件がいい!」ということなんだと思います。
そして、こういうエッジの効いた商品はネットで売りやすいというメリットもありますね。
スポンサーサイト

テーマ:なんとなく書きたいこと。。 - ジャンル:日記

【2009/02/10 01:11】 | 戯れ言 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<アンケート発表【次世代広告夜会2夜】 | ホーム | 次世代広告夜会に参加してきました>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://nowiswritten.blog121.fc2.com/tb.php/131-962c7e18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。