スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
[書評]ヒューマン2.0web新時代の働き方かもしれない 渡辺千賀著
シリコンバレーでコンサルティング会社の社長として働く渡辺さん(たぶん、僕より若いであろう女性)の周りの人たちの働き方を紹介した本。
僕は日本でしか働いたことはないけど、38才で既に4社目の会社に勤めている。職場も大阪から東京に変わり、2社目以降はベンチャーという言葉で誤魔化しているがようは中小企業にもなれない零細企業だ。そして、2社目以降の同僚達はほとんどすべてが転職組だった。
そんな僕が読んでもシリコンバレーの働き方はスピーディーというか、プロジェクトベースで就転職を繰り返しているように見える。

下記は、おそらくこの本の肝な部分。
図書館で借りた本だから、ここにメモをしておこう。

ヒューマン2.0のルール
<仕事のルール>
・自分と異なる人を受け入れる
・大事な情報はソースに当たる
・オープンソースな人になる
・多くを期待される場に自分を置く
・英語を身につける
この中で僕が気にしないといけないところは、ついつい付き合うのが楽な「自分と近い感覚の人と群れてしまうところ」。そして、英語を身につけなきゃというとこですね。覚えておこう。

・<転職のルール>
・理論上の「本当の自分」を探さない
・時にはあきらめる
・どれほどムカついても鉛筆をパキッと折らない
転職は今のところ考えていないけど、「本当の自分」を探さないっていうのは大事かもしれないですね。「本当の自分」なんか、いつまでたっても見つからないだろうから、いつまでたっても転職を繰り返すことになりそう。。。

<なるべく楽にやっていくためのルール>
・体力を身につける(または無駄なパワーを極力惜しむ)
・文句を言わない
これはうちの社長に捧げておこう。

<人生のリスクを楽しむためのルール>
・ラッキーになる
・波に乗る(おっちょこちょいな人になる)
・直感を大事にする
ラッキーになれるかどうかはわかんないけど、「波に乗る」は気にしておこう。
僕はもともとおっちょこちょいな性格なのに、仕事になるとつい構えてしまい、「冷静なフリ」をして、浮ついた自分を隠そうとしてしまう。なんかイケイケイな空気を掴んだ時は素になっておっちょこちょいになれということですね。

スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

【2007/10/13 18:12】 | mucic | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<[書評]なぜ日本人は劣化したか 香山リカ著 | ホーム | [書評]「へんな会社」のつくり方>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://nowiswritten.blog121.fc2.com/tb.php/13-1547793d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。