スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
マンガ、アニメ、ゲームのお陰で「日本語学習者が世界で急増」らしい
渡辺千賀さんのOn Off and Beyondによると「日本語学習者が世界で急増」しているらしい。

外国語を学ぶということは、その国の文化や技術を学ぼうと言う気持ちや憧れからくるものだと思う。
でも、今の日本にそれだけの魅力を感じてもらえるのか?と思うが、

勉強する動機はマンガ、アニメ、ゲーム。「原語で理解したい!」という、明治時代の日本の文学者みたいな理由で学んでいる模様。


ということらしい。

日本語を勉強する理由として「マンガ、アニメ、ゲーム」をあげられると、ちょっとガッカリもするが、工業から情報・コンテンツ産業へと移行したと考えると、時代の自然な流れだと思えなくない。

今から20年ほど前の日本は、バブル経済絶好調で、家電製品や自動車といった工業製品により公共を活し、「日本語を学ぼう」という人たちを増やすことが出来ていた。
そして今の日本は、電気製品・自動車という工業も健在ではあるが、この分野では優位さを保つことが難しくなっている。
一方で、「マンガ、アニメ」は萌え系やジブリだけでなく、ドラゴンボールもクレヨンしんちゃんも、、、とたくさんの作品が世界に出ていっている。ゲームも任天堂にソニーにセガにスクエアエニックスに、、、とこちらも大きな輸出産業になっている。

こうして見てみると、日本語で原作を見てみたい人が増えているのもさもありなんと思える。


以前は、海外に行くと、「日本人は誰でも剣道や柔道ができる」と勘違いされる風潮があったが、これからは「日本人は誰でもマンガを描くのがうまい」「日本人は誰でもゲームがうまい」と勘違いされることが多くなるのかもしれない。
スポンサーサイト

テーマ:なんとなく書きたいこと。。 - ジャンル:日記

【2009/01/12 02:10】 | ネットでの話題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<不景気だと言われるいま | ホーム | まだ続く「ブロガーが選ぶ、2008年度ウェブキャンペーンベスト5」バトン>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://nowiswritten.blog121.fc2.com/tb.php/113-47fe418c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。