スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
自主的に「ブロガーが選ぶ、2008年度ウェブキャンペーンベスト5」バトン 
バトンは回ってきていないけど、自主的にやろうか?と考えていた「ブロガーが選ぶ、2008年度ウェブキャンペーンベスト5」バトン。
どうやら、まだ間に合うらしいので、2009年になってしまったけど、アドマンさん主催の「ブロガーが選ぶ、2008年度ウェブキャンペーンベスト5」バトンに自主的に参加させていただきます!


①味覚糖 ぷっちょくんとCMを作ろう!
putcho

このキャンペーンサイトのオープン当初を知らないので、2008年でよいのか?疑問なのですが、Infoには2008年4月にオープンと書いているので大丈夫かな?とエントリー。
この「ぷっちょくんとCMを作ろう!」サイトは、あらかじめ用意されている背景と各キャラクターの台詞をうまく組み合わせてCMを作ろうというもの。
このウェブキャンペーンが印象に残った理由としては、まずは各キャラクターが立った関西ノリCMが作れるというコンテンツとしての楽しさ。そして、CMを作ることで、商品への愛着感みたいなものは醸成されるだろうし、自分が作ったCMを友達に見せたいだろうしというバイラルの可能性に満ちていること。
ただ、僕が知っている範囲では、このキャンペーンサイトへの導線作りやここで作られたCM動画の広がりはあまり見られず、そこが残念(私が知らないだけだったらすいません)。


②SUBWAY 「1,2のサンドイッチJOURNAL」。
subway

GoodDesignも受賞したらしいこのキャンペーンサイトは、4つのコンテンツでできているのですが、この中でもORDER JUNGLEが秀逸。
サンドイッチごとに用意されている音楽に合わせて自分好みのサンドイッチを作っていくというものなのですが、このコンテンツを通してSUBWAYでのオーダーバリエーションの広さが実感でき、「SUBWAYって、どんな風に注文していいかよくわからない」っていう人にもSUBWAYメニューと注文のイロハがわかるというもの。こう書くと単純ですが、音楽とイラストとFlashの動きが気持ちよく、けっこう楽しくサンドイッチを作れます。
このウェブキャンペーンが印象に残った理由としては、SUBWAYの魅力である、選べる楽しさやカスタマイズすることで自分好みのサンドイッチが作れることを楽しくPOPに表現していること。


③ユニクロ いろんなキャンペーン
ユニクロのUNIQLOCKは2008年には入れられないかもしれないけど、2008年もユニクロが繰り出してくるキャンペーンには注目させられました。
チェックのシャツ?を着ているいろんな人の行進をひたすら見せるUNIQLO MARCHとか、
marchi1
march2
ヒートテックがいかに暖かいかを世界で実証するUNIQLO TRYとか。
uniqlotry2.jpg

ちなみにUNIQLOCKはSEASON4(アメリカのテレビドラマみたい)に入っているらしく、今はヒートテックエディション。
uniqlock

それからそれから、この記事を書いていてはじめて気付いたのですが、UNIQLO SHOW WINDOWなんてものも始まっているんですね。
uniqloshow

これは従来のUNIQLOCKスクリーンセーバーをさらに機能アップしてUNIQLO MARCHやUNIQLO MEETS CORTEOなんかも見れるようになっているもの。
そして、たぶん、最新コンテンツ(ユニクロの伝えたいこと)がダウンロードされ、常に新鮮なスクリーンセーバーが楽しめるんだと思う。さすがユニクロ、さすが勝部さん。
このウェブキャンペーンが印象に残った理由としては、次々に繰り出されるキャンペーンが一本の筋道にしっかり根ざしていること。そして、新たなキャンペーンが立ち上がるたびに、この筋道が強化されていること。
しかし、「UNIQLO SHOW WINDOW」をダウンロードして使う人が増えるのかはやや疑問。


④オルビス star!star!star!
hoso

このキャンペーンサイトはメンズ・スキンケアブランド「garra」をwebのバイラル効果で広げようとしているもので、2008年に結構多く見られた顔写真のジェネレーターサイト。
自分がミュージシャンやハリウッドスターなどのスターになれるというものなのですが、非常に細部まで凝ったサイトに仕上がっています。
詳しくは旧エントリーをどうぞ。
これはいい!プロモーションサイト「star!star!star!」
しかし、2008年は顔写真を使った面白いサイトが多かったですよね。
このウェブキャンペーンが印象に残った理由としては、細部の作りこみの楽しさ。
あとは、顔系のキャンペーンを1つエントリーしたかったから。


最後は既にサイトがクローズされていたので、則天去私さんのエントリー・サイトアドマンさんの指令を受けて、「2008年度ウェブキャンペーンベスト5」を選んでみたから画像を拝借させていただきました。
⑤ソフトバンク・ヒューマンキャピタル「100チアガール」
cheer

このウェブキャンペーンが印象に残った理由としては、可愛い女の子がいっぱいだったので見ていて楽しかったこと。100人もいると、1回では見つくせないのでリピートしてしまうこと。一人でニヤニヤ見ているとアレなので、つい誰かに声をかけて一緒に見てしまうこと。
実際の営業にどの程度貢献したのかはわかりませんが、楽しいサイトでした。


ざっと、2008年のウェブキャンペーンを振り返ってみましたが、僕がピックアップしたものはウェブサイトの出来で評価しているものばかりで、サイトへの集客やサイトからの広がり、他のメディアや場所でのキャンペーン連動は評価できていません。というか、把握できていません。
2009年はここを反省してより俯瞰的にキャンペーンを捉えていきたいし、自分の仕事の中でもWebサイトだけに留まらず俯瞰的な広い視点で仕事をしていきたい。
そして、2009年の年末には自分が関わった仕事をこんな場で紹介できればと思っています。


あと、ルール的には3人の人にバトンを回すことになっていましたが、年も越してしまったことだし、自分は自主的に始めたわけでバトンをもらったわけでもないので、誰にも回すことなく完了しておきます。
スポンサーサイト

テーマ:メディアとマーケティング - ジャンル:日記

【2009/01/02 00:11】 | ネットでの話題 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<まだ続く「ブロガーが選ぶ、2008年度ウェブキャンペーンベスト5」バトン | ホーム | 2008年を振り返ってみる>>
コメント
ご協力、ありがとうございます!
【2009/01/04 17:52】 URL | アドマン #hlJFUack[ 編集] | page top↑
Re: タイトルなし
> ご協力、ありがとうございます!
こちらこそ、良い機会をいただきありがとうございました。
集計はかなり大変だと思いますが、楽しみにしてますので、よろしくお願いします!
【2009/01/06 02:12】 URL | 神谷克也(かみたに かつや) #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://nowiswritten.blog121.fc2.com/tb.php/110-f47db97c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。