スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
これからRCサクセションを聴きはじめる人へ
アッコちゃんこと、矢野顕子が清志郎のカバーアルバム「矢野顕子、忌野清志郎を歌う」を出してくれたことで、清志郎を思い出してくれる人が増えてるみたい。ありがたいことだ。


でも、その矢野顕子の「矢野顕子、忌野清志郎を歌う」を試聴してみようと、近所のタワーレコードにいってビックリ。清志郎やRCサクセションのCDが棚に置いてないのです。。。
1年ほど前にいった時には、清志郎のソロアルバムが何枚かと、ベストアルバムを中心にだけど、RCのアルバムも何枚かあったはずなのに。

でも、アッコちゃんが、せっかくカバーアルバムを出してくれたんだから、これから清志郎を聴いてみよう!という人もいると思うのです。
僕なら、アッコちゃんの「矢野顕子、忌野清志郎を歌う」の横には、“清志郎を聴き始めるなら!?”のコーナーとか作っておくけどな。

というわけで、僕なりに、“初めて、清志郎を聴き始めるなら?”を考えてみました。
で、ソロ時代とRC時代をまたぐと、膨大になりそうなので、まずはRC編。

RCサクセションって、「雨上がりの夜空に」や「スローバラード」は耳にしたことあるけど、、、という人にオススメしたいのは、「BLUE」。
RCサクセションはベスト版もたくさん出てるけど、1曲1曲をバラして聴くより、アルバムで聴いた方がいいと思うんですよね。


RCサクセションといえば、ブルージーなロックバンドなのですが、BLUEはギターの仲井戸麗一・チャボの重いギターがブンブン鳴ってる中、清志郎の尖った声が聴ける名盤。
あらためて聴いてみると、ブルージーなロックンロールと一言一言が染み入るバラード、そしてトリッキーなポップさというRCサクセションのいろんな面がバランスよく納められてるアルバムなのかも。

収録曲は
1.ロックン・ロール・ショー 2.Johnny Blue 3.多摩蘭坂 4.ガ・ガ・ガ・ガ・ガ 
5.まぼろし 6.チャンスは今夜 7.よそ者 8.あの娘のレター

じゃー、次は?と聞かれると、Rcはやっぱりライブバンドだから、ライブアルバムをオススメしたい。
アルバムタイトルが、RCそのまんまの「キングオブライブ」というアルバムもあるんですが、ベストアルバム並みの粒ぞろいの選曲のライブアルバム「the TEARS OF a CLOWN」がイチオシ。
ちなみに、DVDも出てます。


収録曲は
1. IN THE MIDNIGHT HOUR 2. Sweet Soul Music 3. 君が僕を知ってる 4. ラプソディー 
5. よそ者 6. 君はそのうち死ぬだろう 7. 打破 8. スローバラード 
9. SKY PILOT/スカイ・パイロット 10. トランジスタ・ラジオ 11. ドカドカうるさいR&Rバンド
12. LONELY NIGHT(NEVER NEVER) 13. ヒッピーに捧ぐ 14. 自由 15. 雨あがりの夜空に
※DVDは12曲と、ちょっと少ないです

もっと聴いてみたい!という方には、RCがフォークバンドからロックバンドへ変化しようとしていた頃のアルバム「シングルマン」を聴いていただきたい。

「ヒッピーに捧ぐ」や「スローバラード」と、ファンに支持される珠玉のバラードが収録されたアルバムですが、型やジャンルにハマり切らない新鮮な音が聴けるアルバムです。
ただ、このアルバムをリリースした頃のRCサクセションはいちばん売れない時期だったため、「シングルマン」は一度、廃盤になってしまっています。でも、ファンの働きかけによって再販になったという珍しいアルバムでもあります。

収録曲は、
1. ファンからの贈り物 2. 大きな春子ちゃん 3. やさしさ 4. ぼくはぼくの為に 
5. レコーディング・マン(のんびりしたり結論急いだり) 6. 夜の散歩をしないかね 
7. ヒッピーに捧ぐ 8. うわの空 9. 冷たくした訳は 10. 甲州街道はもう秋なのさ 11. スローバラード


と、ここまで聴いていただけたなら、あとは自分の好みでどんどん聴いていってくださいと言いたいところですが、最後に1枚、これも聴いてみてください。

「COVERS」は、タイトル通り、いろんな曲のカバー曲を集めたアルバム。
ただ、そのカバーの仕方は、“替え歌”と呼ばれる手法も含まれていて、エルヴィスの「ラヴ・ミー・テンダー」は反核の歌に、エディ・コクランの「サマータイム・ブルース」は反原発の歌になってます。

このアルバムは原発メーカーを親会社に持つ東芝EMIでは発売禁止になり、別のレコード会社から発売されたもの。
発売禁止になった時に、「素晴らしすぎて発売できません」という異様な新聞広告が載ったりしました。
福島の原発事故が起きた後に聴くと、また、印象は変わるはず。

あと、反核や反原発の“替え歌”ばかり印象に残る「COVERS」ですが、収録されてるジョン・レノンの「イマジン」のカバーは、ほんと聴いて欲しい。清志郎本人は“意訳”と呼んでますが、英語で聴く「イマジン」より、僕には伝わってきます。
あー、それから、「COVERS」はいろんなゲストも招かれて作られてるので、ゲストを探しながら聴くのも楽しいですよ!

収録曲は、
1. 明日なき世界 2. 風に吹かれて 3. バラバラ 4. シークレット・エージェント・マン 
5. ラヴ・ミー・テンダー 6. 黒くぬれ! 7. サマータイム・ブルース 8. マネー 
9. サン・トワ・マ・ミー 10. 悪い星の下に 11. イマジン

RC解散後の清志郎を聴いていない人も多いから、そこのオススメアルバムも紹介したいんだけど、これはかなり悩みます。RC解散後の清志郎は、いろんなバンドやユニット、ソロでやってるから、RCサクセションの頃以上にバラエティ溢れるいろんな曲を遺してくれてるんですよね。

スポンサーサイト

テーマ:音楽を楽しもう! - ジャンル:音楽

【2013/03/04 01:02】 | mucic | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
何度も読み返すことが多い小説たち 2
何度も読み返すことが多い小説たち 1の続きです。

何度も読み返すことが多い小説たち 1では、アラフォーな人ならけっこう読んでる人が多いだろうなと思う2冊をご紹介しましたが、今回のはどうだろう?

まず、1冊目は、高橋源一郎の「さようならギャングたち」。

詩のようなきれいな言葉が散りばめられた、すごく愛情深くて哀しいお話なのですが、好きな人にはすごく愛おしくなるけど、気に入らない人も多そうな小説です。
というのは、話の筋道がブツ切りになっていたり、説明的な文章がすごく少ないので、読んでいて
「何がどうなってるのか、わからない!」
という状況に陥りがちなのです。

でも、それが面白いし、気持ちいいんです。
最近、読み返してないから、久しぶりに読み返したくなってきた。


2冊目は、ロバート・B. パーカーのスペンサーシリーズの「初秋」


ジャンル的には、ハードボイルドと呼ばれる探偵小説なのですが、主人公のスペンサーはタフさには異常なこだわりを示すけど、饒舌というかおしゃべりな探偵。寡黙な探偵が多いハードボイルドのキャラクターではないです。
そんなスペンサーを主人公にしたスペンサーシリーズの中でも「初秋」はちょっと変わった一作です。

普通の探偵小説は、事件を解決する様子をストーリー化していくけど、「初秋」ではそもそも事件ではなく、ひとりの少年の自立をスペンサーが解決というか、導いていくお話。
スペンサーが諭し、伝えていく「自立とは?」とか「ひとりで生きていくために経験すべきこと」を読みながら、自分を振り返っているのかも。ある種、イニシエーション的な小説なのか。

もしかしたら、「初秋」はロバート・B. パーカーにとっての「ヘイジュード」なのかもしれません?

3冊目は、ドン ウィンズロウの「ストリート・キッズ」。


これも探偵小説で、子どもが主人公。
さらに、ろくでもない母親と暮らしている主人公が自立していくお話(前半)という点でも「初秋」に近い。
ただ、「ストリート・キッズ」は、後半で自立した主人公がひどい境遇にある女の子を救い出そうとするというお話もついてくる。

でも、「初秋」も「ストリート・キッズ」も大人になっていくためのイニシエーションがテーマなんだろうなと、いまさら気付きました。何度も読み返していたというのに。

そうか、そうだったのか。
やっぱり、僕はまだまだ子どもというか、ガキなんだろうな。

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:日記

【2013/03/03 02:46】 | 書評 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
何度も読み返すことが多い小説たち 1
一回読んで終わりな小説はたくさんあるけど、なかには何回も何回も読み返す小説もあります。
それもたいていは、何年かのブランクを置いてから、ふと、読みたくなる。そんな感じ。

たくさんの人が読み返してるんだろうなと思う小説は、村上春樹の「風の歌を聴け」と、フィリップ・K・ディックの「流れよわが涙、と警官は言った」


僕にとっての2冊の共通点は、何回読んでもストーリーを覚えていないところ。
まあ、「風の歌を聴け」の方はそんなにストーリーというほど、ストーリーがあるわけじゃないんですが。それに短いしね。

「風の歌を聴け」は、村上春樹のデビュー作で、大学生が帰省して(特にバーで)過ごす何日間かのお話。
ストーリーよりも、ひとつひとつのセリフやセンテンス、挿話がすごく印象的。
そんな言葉に触れ直したくなって読み返す一冊ですね。

タイトルが印象的な「流れよわが涙、と警官は言った」は、SFの巨匠フィリップ・K・ディックの1975年の作品。
すごいな、1975年にこんな小説書いてたんだ。。。
僕の同年代では、フィリップ・K・ディックはけっこうメジャーな小説家だったけど、1982年だから30年前に亡くなってるわけで、いまの若い人はあまり読んでないんだろうな。
因みに、映画の原作になった作品もすんごく多く、それもすごい作品が目白押しで、『ブレードランナー』、『トータル・リコール』、『マイノリティ・リポート』などなど。これ以外にもけっこうあるみたい。
で、どうして「流れよわが涙、と警官は言った」を読み返すことが多いのか?なんですが、、、
たぶん、読んでる時の精神状態が好きなんだと思う。

この世界観が影響してるのか、自分の意識を現実からストンと切り離してくれる、そんな感じがするのです。
そう思うと、仕事なんかが忙しかったりして、精神的に疲れてる時に読み返すことが多いのかも?
あくまでも、かもですが。

他にも「何度も読み返すことが多い小説たち」は、3冊ほどあるんだけど、長くなりそうなので、投稿を分けます!
続きは、「何度も読み返すことが多い小説たち 2」です。

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:日記

【2013/03/03 02:30】 | 書評 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。