スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
[読書メモ]バイラル・ループ あっという間の急成長にはワケがある
「バイラル・ループ」とは何か?という概念や理論紹介的な本かなと思って、読み始めましたが、さにあらず、これまで「バイラル・ループ」を生み出してきたWebサービスの事例を中心に紹介した本。

事例紹介部分はHOTMAIL、e-bay、ペイパル、facebookなどなどが下記の要領で紹介されている。
●Webサービスを創り出した中心人物のパーソナリティ
●コアアイディアを思いついた経緯
●サービススタート~アクセス急増による運用時の苦労
●サービスがブレイクしてからのその後

「バイラル・ループ」を獲得して成功した事例が数多く載っているので、新たなサービス立ち上げを考えている人にはすごく参考になる一冊だと思う。

こういう本を読むと、プログラムを書ければなーと思ってしまう。



スポンサーサイト
【2010/11/28 03:33】 | 読書メモ | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
[読書メモ]もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
よく子どもを遊びに連れて行く市の施設があるのですが、そこの図書コーナーにすごく売れてるという「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」が置いてあったので、ちょっと見てみるつもりで手に取った。

子どもを遊びに連れてきている訳なので、「どんな本なのか?」ほんのちょっと見てみるつもりだったのに、すぐに引き込まれた。

いきなりぐっと引き込まれた理由の一つは、『もしドラ』を「萌え系のイラストがあしらわれたカジュアルにドラッカーを説明した本」と思い込んでいたのに、予想をいい意味で裏切られたから。
「もしドラ」はカジュアルなビジネス書ではなく、小説だったのです。
それもよくできた野球部が舞台の青春小説。
勝手に勘違いしていただけなんだけど、これにはビックリさせられました。

主人公の野球部の女子マネージャーがドラッカーのマーケティング・エッセンスを開く形で随所にドラッカーのマーケティング理論は出てくるけれど、その説明が主なのではない。

ストーリーを追っかけることに意識が向いてしまい、ドラッカー理論をしっかり読めていないこともあるかもしれないけど、ストーリーの中でドラッカーのマーケティング理論は女子マネージャーを導くログポースのような役割を担っているものの、重要な脇役でしかない。

といっても、『もしドラ』を読み終わった後には、ドラッカーの『マネジメント』を読んでみようと思う人は多いんじゃないかな?と思う。
『もしドラ』のストーリーを追っかけながら、ドラッカーの『マネジメント』を同時並行して読むというのが正しい方法かもしれない。



【2010/11/28 03:05】 | 読書メモ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。