スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
2009.8.30衆議院選挙
まだ、すべての開票が終わったわけではないけれど、民主党が議席の過半数を上回る300議席強を確保。一方の自民党は100強の議席に留まっている。
この議席数は、自民党が小泉旋風によって圧勝した前回の郵政選挙の議席数をちょうどひっくり返した数に近い。
もともと与党だった自民党が「圧勝」した時に得た議席とほぼ同じ数をもともと野党だった民主党が獲得したのだから、今回の衆院選がいかに革命的だったのかがわかる。

でも、この選挙結果から約200人の国会議員ビギナーが誕生したんだろうし(元国会議員の人もいるから、みんながビギナーなわけじゃないけど)、一方で、ベテラン議員を含む約200人の国会議員経験者が国政から去っていく。

民主党は今回の選挙で政権交代をして、政治の刷新をしたいんだろうから、当事者である政治家が入れ替えされるのは当たり前なんだけど、ビギナー国会議員たちで大丈夫か?とは不安に思う。
変わるためにはしょうがないんだろうけど。

しかし、今回の議席数の入れ替わり具合はすごかった。
これは1選挙区から1名しか当選者が出ない小選挙区制の影響が大きいんだと思う。

そもそも小選挙区制は強者のための選挙方法で、1位の人しか当選できないから、2番目3番目の政党が育ちにくくなる。
今は社民党になっている社会党は以前はもっと力を持っていたのに、小選挙区制になって議席数をかなり減らしてしまったように思う(たぶん)。

そんな強者のための選挙制度だったはずの小選挙区だけど、民意が拡大解釈されたのが、今回の選挙結果なんだと思う。
自民党としては、他党の力を伸ばさせないために作り出した小選挙区制によってしっぺ返しを食ったというのか・・・。

いや、しかし、これから日本はどうなるんだろう?
まずは、「変わらなきゃ」の第1章はクリアしたけど、うまく変わってくれることを切に祈っています。
スポンサーサイト

テーマ:なんとなく書きたいこと。。 - ジャンル:日記

【2009/08/31 01:42】 | イベント | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
[読書メモ]幻の1940年計画 指南役
1940年というと、大政翼賛会が成立した年であり、第二次世界大戦への参戦のきっかけとなった真珠湾攻撃の前年。
1940年へ至る1930年代は、満州事変~5.15事件~国際連盟脱退~2.26事件など、軍部が力を持ち、国が戦争へと向かってしまっていくそんな時代と捉えていた。

でも、「幻の1940年計画」を読むことで、それは一面的な捉え方であることがわかる。
1930年代の日本は、新しい百貨店がどんどん建ち、人々が映画やカフェーを楽しみ、洋装の人が増え、モダンな街へと移り変わっていったそうだ。

そして、紀元節でいう2600年にあたる1940年には、東京オリンピック、万国博覧会、テレビ放映の開始、東京下関間を9時間で結ぶ弾丸列車を開通させようとしていたらしい。
それも、荒唐無稽な夢としてではなく、現実的な事業計画として。

これらのことを知ることは驚きだったし、当時の日本にとっては戦争以外の選択肢もあったんだろうことが想像される。
「幻の1940年計画」は、第二次世界大戦当時の日本を考えるにあたっても、これからの日本を考えるにあたっても、大きな材料になるように思う。


話は変わって、この本の著者・指南役について。
著者の名前を見て、この著者の本を以前に見たことあるよな、読んだことがあったよな・・・と探してみた。


こんなマーケティング関連の本を書いている人、でも変わったペンネームと思っていたら、そういうわけでもないらしい。

指南役というのはエンタテイメント企画集団で、

元は、福岡市内の城南高校の水泳部内に、草場滋を中心に結成された「第5の泳法」 を研究・開発するチームでした。その動機は、イギリスのラグビー高校が、かつて フットボールの試合中の反則がキッカケで「ラグビー」を生んだような伝説を創りた かったので・・・
その後、指南役は、次第に様々な独創的な遊び(ex.オレ麻雀)を考案するチームへ と変貌。水泳部からも独立し、エンターテイメントの分野で、独自の研究・開発を行 うチームとして、現在に至ります。 なんだかんだで、結成されて、もう今年で18年目です。

指南役のメンバーは、草場滋を中心に4~5人で構成されていますが、プロジェクトの 内容によっては、その都度、友軍的なメンバーも加わります。「指南役」は、固定し た組織というより、ある方向を持った「プロジェクトの総称」に近いイメージです。 現在、指南役のデスクは、ホイチョイプロダクションズの2Fに間借りさせてもらって います。何か面白いことを始めたい時・・・気軽に、指南役までご相談下さい。

というようなところらしい。

ちょっと気になるので、新刊の「サービスのサービス」を読むほか、ちょっと指南役をFollowしてみようかと思います。
ちなみに、指南役のWebサイトはこちら

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:日記

【2009/08/23 14:04】 | 読書メモ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ウェブの未来をしっかり感じさせてくれたWISH2009
wish2009
今日は、「ウェブの未来を担う可能性を発掘・共有・応援するイベント」WISH2009へ行ってきました。

このイベントは、カンタンに説明すると、まだまだ知名度が低いWeb関連の新しいサービスや商品のプレゼンテーションを一気に行うというもの。今日は14の会社や個人や学校のプレゼンテーションが行われた。

ということまでは理解して行ったし、このイベントがAMNの徳力さんのTwitter上でのつぶやきから始まったことも知っていた(たぶん、このつぶやきをTwitterのタイムラインで見た覚えがある)。
でも、ここまでのイベントになるとは正直、思っていなかった。

30分ほど遅れて会場のドアを開けると、ホールの席をビッシリ埋めた観客。
みんなが前のめり気味になって話を聞いている。
プロジェクターかパソコンがうまく動かずに、プレゼンがなかなか始まらず、徳力さんとグリーの田中さんの歓談タイムが始まったりと、ゆる~い感じのイベントではあったけど、みんなの前向きな期待感がすごく感じられるイベントだった。
そして、本当にここから何か始まるかも?ここから何かが生まれるかも?と感じさせるイベントだった。

僕が今日のプレゼンで気になったのは、
Joker Racer
Joker
これはネット経由で車載カメラ付きのラジコンカーを動かせるというもの。
と、書いても面白みは伝わらないだろうから、上記サイトを見てみてください。
しかし、こんなサービスを考え付いたとしても、こんなものを本当に作るのもすごいし、よりよいものをとブラッシュアップされているところがまたすごい。

ちなみに、WISH2009大賞は、Joker Racerでした!
パチパチパチパチ。

もうひとつ気になったサービスというと、Lang-8
こちらは外国語を修得したい人向けのSNSで、自分が学んでいる言語で日記を書くと、その言語のネイティブユーザーが文章の間違いを正してくれるというもの。
lang
これぞ、インターネット。これぞ、Web2.0という感じのサービスです。

とまぁ、すごく刺激的な時間を過ごさせていただきました。
来年も是非!という声が既に高まっていますが、今年が面白かっただけに、来年はハードル上がりそうですね。

今回はお招きいただきありがとうございました!
来年も是非、参加させてください!

ちなみに、当日の様子はこちらでも感じることができます。

追記-------------------------------------------------
発起人であり、主催者の徳力さんBlogに当日の模様がいろいろまとまって
いるので、興味あのある方はご参照ください。
WISH2009にご協力頂いた皆さん、本当にありがとうございました。

テーマ:ネット的社会観 - ジャンル:サブカル

【2009/08/22 03:28】 | イベント | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
夏休みの終わりと村上春樹
今日でぼくの夏休みは終わる。
昨日の夜、風呂に入る時に何か読もうかなと、何の気なしに村上春樹の「風の歌を聴け」を手に取り、読み出した。

東京で大学生活を送る「ぼく」が帰省先で知り合った友人「鼠」とジェイズバーでビールを飲みながら話し、指が1本ない女の子の話を聞く18日間のできごとを書いたお話。
150ページぐらいのうすい本だから、1日ぐらいで読むことができるし、「風の歌を聴け」を読むと、あぁ夏ももう終わりなんだなと感じることができる。

僕にとっての村上春樹は、高校2年生の時に「ノルウェイの森」がベストセラーになったこと、もしくはその前後で知ったんだと思う。
でも、その時には「風の歌を聴け」、「ピンボール」、「羊をめぐる冒険」、「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」の4冊しか長編小説が出ていないこともあって、たぶん、「ノルウェイの森」を読む前に、前作の4冊を読んだような気がする。

同じ頃にデビューした村上龍の場合も「69」は先に読んだかもしれないけど、「限りなく透明に近いブルー」から順番に読んだような記憶がある。

両村上を読もうと思った時に、デビュー作から順番に読める環境にあった世代であったことが嬉しいなと思う。だって、最近、「1Q84」から村上春樹を知ったら、まずは「風の歌を聴け」から読もうなんて、ぼくにはとてもやってられそうにないから。




-----------------------------------------------------------------------
WISH2009は、
W:ウェブに関連したサービスや端末で、I:イノベーションを生み出してくれそうなものを、Sh:参加者全員でシェアするイベント。8月21日に実施されます。
wish2009 mini




テーマ:なんとなく書きたいこと。。 - ジャンル:日記

【2009/08/16 09:13】 | 読書メモ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
WISH2009 ウェブの未来を担う可能性を発掘・共有・応援するイベント
wish2009

ウェブの未来を担う可能性を発掘・共有・応援するイベント、WISH2009が8月21日(金)に初開催されます。

●WISH2009とは何か?
、まだ知名度が低いけれども可能性のあるウェブ関連サービスや端末を開発されている様々な企業・個人の方に、多数のメディアやブロガーの目の前でプレゼンテーションを実施する機会を提供することで、飛躍するきっかけになることを目指すイベント。

今回は14名(社)の方がプレゼンされることになっています。
プレゼンする側は日産自動車やソニー銀行といった大きな企業から、ベンチャー企業、大学、個人といろいろな立場の方がそろってます。
くわしくはこちら

まだ、初めてのイベントなので、ここから何が生まれるのか?始まるのか>はわかりませんが、いろいろと期待できそうな(偉そうですいません!)臭いがプンプンしてます。

WISH2009は、

日時:8月21日(金) 19時~22時
場所:ベルサール九段
参加費:3,000円
主催:アジャイルメディア・ネットワーク株式会社
定員:300人(予定)

イベント詳細はこちら

テーマ:ネット的社会観 - ジャンル:サブカル

【2009/08/15 21:06】 | イベント | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
リアルな自分とTwitterアカウントをつなぐ
先日、広告系総会に参加した時に思ったこと・・・。
「名刺にTwitterアカウントのスタンプでも押してくればよかった」

僕の名刺には会社の社名や肩書きや住所、メールアドレス、電話番号などの連絡先が入っている。
ごく普通の当たり前な名刺。
そして、当たり前なことに、Twitterアカウントも入っていなければ、ブログの紹介も入っていない。

普通のビジネスシーンではそれで充分なんだろうけど、広告系総会みたいなイベントでは、会社名よりも個人個人のつながりで関係値が発生しやすい。
そんな時には社名や職種などのラベルよりも、個人を識別し、以降の関係値を保つことができるTwitterアカウントを提示する方がよかったりする。
それでこそ、ゆるいつながりがキープされるし。

次回のイベントの時までにスタンプを用意して、なんかのイベントがあった時には、Twitterアカウントのスタンプを押した名刺を持っていこうと思う。

テーマ:なんとなく書きたいこと。。 - ジャンル:日記

【2009/08/11 03:23】 | 戯れ言 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「広告系総会 Vol4 夏」 へ行ってきました!
エントリー遅れましたが、8月7日(金)、「広告系総会 Vol4 夏」に参加してきました。

今回は参加希望者が200人を超えていたところを抽選で100名に絞られての実施。
僕自身も漏れるのかなぁ?と不安に感じていましたが、無事、招待状をいただけました。

前回から参加させていただいているのですが、前回の会場では狭い会場に押し合いへし合い状態、それはそれで非常に熱気溢れる状態が面白かったのですが、、、どうしても同じ会社や顔見知りの人と集まって話す状況が多かったので、新参者の私には人を掻き分けてご挨拶させていただくのは大変・・・という状況でした。

一方、今回の場合はオープンテラスという開放感溢れる場所で絞られた人数だったため(それでも混みあって賑やかな感じでしたが)、初めてお会いする方にご挨拶させていただきやすい雰囲気でした。

私自身も一人での参加だったのですが、お腹とアルコールを多少満たした後は、電通の方と中外の方という、仕事上では話をすることはまずない方達といろいろお話させていただきました。
当然、コンプライアンス的に問題がある話は出てこないのですが、広告の現状についてどう考えられているのかを話せるだけでも勉強になるし、何より楽しい!

実は、この日の18時頃の東京はゲリラ豪雨でドシャ降り。
Twitter上で「中止かな?」「去年も夕方の雨がカラッと止んだから大丈夫」「でも、どんどんきつくなっていきますよ」「あっ、弱くなってきた?」なんて、つぶやきを仕事しながら追っかけて、どうなんだろう?とヤキモキしつつ、ドキドキしていました。
でも、20時にはちゃんと止んで、予定より30分遅れはしたけれども、ちゃんと実施できました。
素晴らしい!

タカヒロさん、毎回、こんな場所を提供していただき、ありがとうございます!
次回も、参加させていただければと思いますので、よろしくお願いします。

テーマ:メディアとマーケティング - ジャンル:日記

【2009/08/09 10:33】 | イベント | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
広告系総会2009(夏)参加させていただきます!
冬にはじめて参加させていただいた広告系総会。
今度は夏に行われるということで、参加希望を出していたところ、招待状をいただけました。
7/27のタカヒロさんのブログに「明日、招待状を発送します」とあったので、今回は応募多数だったらしいから参加者から漏れてしまったか・・・と思っていたので、嬉しい驚きでした。

ちなみに、昨年の様子はこちら。
広告系ブロガーの夏のイベントが開催!―広告系総会(夏)2008
なんだか、楽しそうです。

来週、金曜日は仕事を早く片付けていくぞ!

テーマ:メディアとマーケティング - ジャンル:日記

【2009/08/01 01:19】 | イベント | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。