スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
[書評]インサイト 消費者が思わず動く、心のホットライン
最近、話題になっている「「思わず買ってしまう」心のスイッチを見つけるための インサイト実践トレーニング 」

を読もうと思ったんだけど、著者の桶谷功さんの著書には同じく「インサイト」をテーマにした本があったので先に「インサイト 消費者が思わず動く、心のホットライン」を読むことにした。

「インサイト」という言葉や定義を僕が初めて知ったのは1~2年ほど前のこと。
辞書的な意味では「洞察」とか「深い考察」などになるんだけど、この本でのインサイトは「消費者の気持ちを見つけること」、カスタマーインサイトとして書かれていて、「消費者の『ホンネ』」「行動や態度の奥底にある、本当の気持ちのこと」と説明してくれている。
わかりやすい。

この本の構成は

第1章 インサイトがマーケティングを変える
 1.インサイトとは何か
 2.いまなぜ、インサイトなのか
 3.いわゆる消費者分析との違い
第2章 インサイトの見つけ方、活かし方
 1.テーマを決める
 2.ターゲットを絞る
 3.仮説を立てる
 4.ホンネを引き出す調査方法
 5.使えるインサイトに絞る
 6.マーケティング活動に落とし込む
第3章 インサイトが突破口を開く
 1.問題解決の背後にインサイトあり
 2.ターゲットのホンネを見直す
 3.イメージを変える
 4.マーケットをつくる
 5.流通・販路を見直す
 6.プレミアム価格をつける
第4章 ハーゲンダッツ:インサイトがブランドを進化させる
 1.プレミアム・アイスクリーム市場をつくる
 2.導入期:アイスクリームは子供の食べ物
 3.成長期:幸せに浸る
 4.成熟期:ゆっくりした時間
第5章 シック:インサイトが差別化を生み出す
 1.覚えてもらうことの難しさ
 2.プロテクター:「ひと言」が勝負
 3.トリプルエッジ:逆転のキーワード
終章 本書のまとめ
 1.心のホットボタンを探せ
 2.実戦こそ、すべて



この本の良いところは、
●インサイトとは何か?どう役立つのか?
●インサイトの見つけ方と活用例
●インサイトの活用事例
が順を追って書かれているところ。
さらに、各章の末尾に書かれている、コラムも各章の理解を促してくれる。

例えば、第1章の末尾に書かれている「インサイトを見つけるためのスイッチ」では、

【準備編】アタマと気持ちをほぐす
□リラックスする
□客観・理屈を捨てる
□ゲーム感覚を持つ
□消費者に戻る
【実戦編】カラダと五感を使って、体験してみる
□ターゲットになりきってみる
□売り場に行って買ってみる
□ターゲットの集まる街に行く
□トレンドを体験する
□関係ないジャンルの共通項を探る
□身近な人に聞く


(一部抜粋)
とまとめられていてわかりやすい。

次は、「「思わず買ってしまう」心のスイッチを見つけるための インサイト実践トレーニング 」を読んでみよう。


スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:日記

【2008/11/24 01:46】 | 書評 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
[書評]次世代マーケティングプラットフォーム
ここ最近、広告業界やネット業界では非常に話題になっている一冊である。

しかし、ここ最近は業務が忙しく、なかなか集中して本を読む時間が取れなかったからというものあるだろうけど、楽しんでこの本を読むことがなかなかできなかった。

この本の章立てを紹介させていただくと、

序章:広告の「終焉」と「周縁」
Cahpter1:広告からテクノロジーへ
Cahpter2:ネットに拡大するマーケティングプラットフォーラム
Cahpter3:リアルとネットの融合① デジタルサイネージ
Cahpter4:リアルとネットの融合② モバイルウェブ
Cahpter5:そして覇者なき市場へ
Cahpter6:次世代マーケティングプラットフォームの課題
Cahpter7:メディアと広告そしてすべての企業の未来

といった構成になっている。

湯川鶴章さんの前著「次世代広告テクノロジー」を読んだ際も、似たような感想を持ったのだけど、「次世代マーケティングプラットフォーム」も最終章しか面白くないのです。

おそらく、いろんなファクトや論考を積み重ねていって、これまでの章で積み重ねてきたテキストの上にドドーンと考え方を提示する。
そんな文章構成によるものだと思うのですが、最後の最後で満足できるものの、最終章までに至るChapterが退屈に感じてしまうのです。


最終章で書かれている事柄に対しては
●広告におけるクリエイティブの重要性は低下するだろう
「クリエイティブ=広告表現」という意味ではその通りかもしれない。でも、どんなターゲットに向けた?どのタイミングで?どんな媒体で?どんな表現で?ユーザーアクションをどこで受ける?までを広告のクリエイティブと考えれば、これまで同様、もしくはこれまで以上に広告クリエイティブは重要なんだと思う。

●SNSやCGMなどには、ユーザーの読み書きした内容に合わせたターゲティング広告が効くだろうこと
こちらは仰るとおりだと思う。
mixiで車のコミュニティに入り浸り、車関連のコメントばかり書いている人は車に興味を持つ人とターゲティングしてしまってほぼ間違いはないだろう。この人が車自体をすぐに買うかはわからないけど、車のアクセサリーや雑誌などには興味を示しやすいはず。
さらに、最近話題の「OpenID」が広告利用されるなんてことになると、SNSで読み書きしていることに加えて、参加しているCGMサイト、検索エンジンでの検索キーワードなどから、ユーザーイメージをつくり上げて詳細なペルソナ設計をした上で、ターゲティング広告を表示する、なんてことにもなりかねない。

●広告・広報・マーケティング部署の統合や自社サイトのメディア化が以降の企業コミュニケーションのあり方になる(かなり私なりの解釈ですが)
こちらも大賛成。
企業コミュニケーションは機能ごとに分断されるべきではないし、企業サイトは重要なマーケティングツールで且つメディアの役目を果たすことになると思う。

そして、マスもニッチも含めて広告メディアは、AIDMAやAISASでいうA(Attention)I(Interest)の役割しか果たさず、AIDMAのD(Desire)M(Memory)A(Action)の部分、AISASでいうS(Search)A(Action)S(Share)の部分は(D(Desire)は微妙だけど)、CGMやSNSや自社サイトがその役割を果たすことになるんだと思う。

→過去のエントリーから
[書評]次世代広告テクノロジー

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:日記

【2008/11/17 02:06】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
[サイト]08年10月に見つけたサイト
「お、面白い」とか、「誰かに言いたい」と思いつつ、投稿し損ねることが多いので、1ヶ月でまとめて投稿してしまえばいいんでは?という企画。
なるべく続けたいと思っています。

apolon.jp - 仕事と才能を結びつける、クラウドソーシングサービス
説明するのは難しいけれど、「crowd(群集)に発注するクラウドソーシングのプラットフォームとなるサイト」。
このサイトを立ち上げた原田さん曰く「『才能を売買できる場』というようなサービスで、仕事の受託・委託をB2B、B2C、C2Cで無料で行うことができます。クラウドソーシングの一環という試み」とのことです。
「これから」のサービスだとは思いますが、注目のサイトです。

リグレトーみんなで「ヘコむ」を楽しもう!
後悔や懺悔的な投稿に対して、みんなで慰めるというサイト。
そんなんでコミュニケーションが成立するのか?と思うが、そこそこ盛り上がっている様子。
誰かに聴いて欲しい人、レスを返すことでいいことをしたと思えること、そんな感じで成り立っているように思えます。

高橋酒造株式会社 しりとりで人のわをつなげようしりとりに参加してもらうことで、人の輪を作っていくサイト。
また、人の輪で建物などを囲むことになっていて、囲む対象がどんどん大きくなっていく。
初めの頃に見た時はコロッセウムを囲んでいたけど、今はイースター島を囲もうとしている。

ただ、これで焼酎屋さんである高橋酒造に何らかのマーケティング成果がもたらされるのかは疑問。
僕が作るなら、100回に1回ぐらい高橋酒造のキャラクターがしりとりに参加して焼酎絡みの言葉を強引に混ぜたりするかな。

WARIO LAND SHAKE IT!
ワリオがyoutubeの画面内で大暴れするというもの。
これを初めて見た時はビックリしたし、面白かったし、すぐに周りの人にバイラルしちゃいました。

カクカクシカジカの部屋
サウンドとアクションが非常にシャープで小気味いいダイハツ ムーブのブランディングサイト。


と、ここまで書いてみて何故かネタ切れ。
ちゃんと見つけたサイトはブックマークしておかないと。。。
【2008/11/03 15:25】 | ネットでの話題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
[読了]非常識な成功法則
2週間ほど前から読みかけていながら、途中で他の本へと興味を向かせてしまっていた「非常識な成功法則」をようやく読み終わった。

読み終わっての感想は、やってみるかというところ。

ただ、読み終わった今の段階でも、この本を好きだと言えないし、この本を読んだということにさえ引け目みたいなものを感じる。

お金とか成功とかをガムシャラに得ようとすることに嫌悪感なのか、格好悪さを感じるのか?それとも、ロックじゃないと思ってしまうのか。

ただ、もういい歳なんだから、そんなことを言ってないで、一歩踏み出してみるかと思う次第。


この本の中で、もっとも気になり、変わらなきゃと思いつつも抵抗を感じているところはこれ。
たぶん、これまでの自分を否定することを嫌がっていたりもしているのでしょう。

お金をコントロールするための3つの原則
1.お金に対する罪悪感を持たないこと
2.自分の年収は、自分で決めること
3.お金が入ってくる流れをつくること。出て行く流れを作ってはいけない。


まずは、

自分のミッション、夢、やりたいこと、やりたくないことなどを紙に書き、


紙に書いたものを毎朝・毎晩、睡眠前後のやや意識が薄い時にニタニタ眺めながら読み、


これらの紙をいつでも読み返せるように持ち歩くようにしてみようか



さらに、

目標を毎晩、10個書く
 10個書いた目標の中から最も優先順位の高いものに丸をつける
 丸をつけた目標に一歩でも近づくために明日できることをいくつでも書く


こちらもやってみようかな?と思っています。

でも、そんな自分が嫌だという青い自分も同時にいるのです。

※引用のように本書の内容を書いていますが、原文ままの抜書きではなく、わたしなりにまとめた文書になっています。


テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:日記

【2008/11/03 00:26】 | 書評 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。