スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
「あたし彼女」~メディアとコンテンツの関係
いま、話題になっている第3回日本ケータイ小説大賞の「あたし彼女」を読みかけている。

これまで、2度ほどケータイ小説と呼ばれるものを読んでみようかと、興味本位に読みかけてみたが、面白さがわからないままにすぐに読みやめてしまっていた。

なのに、「わたし彼女」は第7章ぐらいまで読み終えている。

全部で8章(他にもプロローグやあとがきなどもあるけれど)なので、たぶん、最後まで読むことになると思う。おまけに、はじめこそはお勉強的な感じで義務的な部分もあったけど、今は充分に楽しんで読めている。

実際の作品はこんな感じで書かれている

アタシ



トモの彼女



だからさ



ねぇ



キスしてよ




特徴としては、
●句読点が使われていない
●文章が細かく改行でブツ切りされている
●完全に1人称。「神の視点」的な地の文がない
●1ページの文章量が少ない
●1ページの量がページごとに違う
 (長いページも短いページもある)
などが見られる。

初見で見ると、馬鹿みたいな文章にも見えるかもしれない。
でも、よくよく読んでみると、この文体は携帯電話というメディアで読むには最適な文体なのではないか?と思えてくる。

自分で試したことがないから、あくまでも想像でしかないけど、携帯電話の画面で夏目漱石や村上春樹の小説を読む気になれるだろうか?しかも、1画面に文庫本と同じぐらいの多くの文字数が埋め込まれて読む気になるだろうか?

それに比べて、「あたし彼女」では、場面や気持ちに合わせて、ページが長くなったり短くなったり。
極端な時には1行で1ページになっていることもある。
でも、このページの区切りが主人公の気持ちをうまく表していて、文体にもリズムを与えている。


こうして読んでいて思ったのですが、メディアはそこに掲載されるコンテンツに大きな影響を与える。
逆に言うと、掲載メディアにそぐわない手法(文体)のコンテンツはうまく機能しない。
※これは非常に当たり前なことかもしれないが、すごく大事なことだと思う。

本に書かれる小説と携帯電話に書かれる小説では、文体が変わって当たり前だし、文体が変わっていないとうまく機能しないのだ。
2時間近くの時間を暗闇の大画面で見る映画とCMに挟まれながら毎週1時間ずつお茶の間で見るドラマともストーリーの流し方や画の作り方も変わってくる。


そんなことを考えながら、「あたし彼女」を読めば、いつもの小説とは違う気分で読めるだろうし、新しい発見も出てくると思う。

そして、非常にプライベートなメディアである携帯電話で「あたし彼女」のような文体の小説を読むと、非常に気持ちが入り込む。
40歳前の男が23歳の女性の主人公に感情移入できるのだから、すごいと思う。


そんなわけで、「あたし彼女」オススメです。
読む際は必ず携帯電話でお読みください。
たぶんだけど、文庫本で読んでも「あたし彼女」は面白くもなんともないと思いますよ。


携帯電話で「あたし彼女」を読むには、
検索サイトで「あたし彼女」もしくは「あたし、彼女」を検索すると、見つかると思います。

PCサイトではここで読めるけれど、これはオススメできないです。
スポンサーサイト

テーマ:ネット的社会観 - ジャンル:サブカル

【2008/09/29 00:28】 | コンテンツ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
[書評]コミュニケーションをデザインするための本
いろんな人の書評を読んで、これは読まなきゃと思ったものの、あまりにもポップなブック・デザインになんだかゲンナリしてしまい、パラパラめくっていても引き込まれるものがないなーと思っていました。
しかし、いざ、じっくりと読み始めるとグイグイと引き込まれ、昨日の帰りと今日の行きと今日の社内での空き時間であっという間に読み終えてしまいました。

この本はタイトルそのままの「コミュニケーションをデザインするための本」。
これはいま僕がやりたくてしょうがないこと。

●伝えるべきメッセージ
●伝えるべきターゲット
●伝わりやすい方法
これらを考えつつ、しかも単ルートではなく、複数のルートやそのルートごとの表現手法を考えながら、伝えるべきターゲットに伝えるべきメッセージをしっかりと伝えた上で、さらにそのメッセージをより多くの人に拡散させていく。
それがコミュニケーション・デザインだと思う。

いや、しかし、「こんな仕事の仕方をしてみたいな」と、「明日の広告」を読んだ時も思ったけれども、今回も強く思った。
現在の僕はWebプロデューサーなので、1キャンペーンの一翼というか車輪の一つを受け持つ役割だけど、全体のコミュニケーションの流れの設計をやってみたいなと思うのです。
それには転職仕立ての立場だから、社内外へ自分ができることを伝えていくとともに、これまであまり経験してこなかった4マスについても勉強しないといけないんだろうなと思う。

頑張らなきゃな。

それから、この分野は電通が頑張っているというか、「コミュニケーション・デザインはうちに任せて!」と非常にアピールできているように思う。
そんな風潮を巻き返して、頑張れ博報堂!

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:日記

【2008/09/27 01:17】 | 書評 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
[ブック&講演レヴュー]プロフェッショナル・プレゼン。
今日は、読んだばかりの本について著者が講演してくれるというなかなかない貴重な経験をしてきました。
その本は「プロフェッショナル・プレゼン。」で、著者は博報堂の常務でありエグゼクティブ クリエイティブディレクターの小沢正光さん。チーム・マイナス6%やアサヒスーパードライなどのCMやキャンペーンなどを手掛けられた方らしい。

講演内容もこの本に沿ったものでしたが、この本に書かれているのはプレゼンテーションへの臨み方的なこと。
冒頭に書かれていて、この本でもっとも訴えられている「プレゼンテーションは話す側のものではなく、受け手のもの」にまず深く納得。
プレゼンといえば、ついこちらがどんなに素晴らしいことを考えてきたかを披露しようと頑張ってしまうけれども、頑張るべきポイントは得意先に理解していただくところ。当然、陳腐な企画であればどうしようもないが、自分たちが考えてきた企画をお得意先に理解していただけないと意味がない。

あと、思ったのはやはりスゴイ人というのは、基本的なことにも手を抜かず、毎回毎回キッチリと仕事をしているんだなーということ。
●プレゼンまでの間に2回は壊す過程を入れていること
●第3者にリハーサル・プレゼンをしてもらい、問題点を見つけようとしていること
●プレゼン全体、各シートについても、「ひとこと」で語れるようにすること
●失注したプレゼンでは必ず反省会を行うこと
などなど、初めて聞いたやり方ではないし、自分でもやろうと心掛けていることもなくはないけど、これをしっかり続けているところがプロフェッショナルの所以なんだと思う。

こんな人と一緒に仕事をしてみたいな、こんな人に教わりたいなと思うものの、まずは本と講義で教わったことを実践してみようかと思います。ほんとに基本の徹底って大事ですよね。

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:日記

【2008/09/26 01:28】 | イベント | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
[書評]マガジンハウスを創った男 岩堀喜之助
僕はけっこうメディアの歴史を取り扱ったものだとか、ひとつの時代を作り出した人のお話を読むのが好きだ。
自分が好きなテレビや雑誌や音楽やそれらに携わった人を中心に歴史を振り返ることで、自分の頭の中にあったその時代の知識とが絡み合い、その時代をよりリアルに感じることができるし、理解もより深まる。

「マガジンハウスを創った男 岩堀喜之助」は、ananやPOPEYEやブルータスなんかで知られるマガジンハウスの元になった凡人社を創った岩堀さんという初代社長の一代記。
この人の面白いところは、出版社の社長でありながら(それも初代の創業者)、出版人や編集者や経営者っぽくないところ。本の中では新聞記者などのジャーナリストタイプとあったけど、僕の感覚では社会運動のリーダー的な人に感じた。

凡人社というか、「平凡」という雑誌を創りだした動機も働くだけでなく遊ぶことの大事さを伝えること、大衆を相手にした雑誌を作ることだし。

岩堀さんは編集者ではなかったけど、岩堀さんが「平凡」を創刊した時の想いは今のマガジンハウスにも受け継がれていて、ananにしてもブルータスにしてもカーサブルータスにしても、生きる楽しさを伝える雑誌創りになっているように思う。


テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:日記

【2008/09/23 16:11】 | 書評 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
[書評]ウィキノミクス マスコラボレーションによる開発・生産の世紀へ
これも読まなきゃと思いつつ、1年ほど放ったらかしてしまっていた本。
読まなきゃの本なのに。

内容的には副題の通り、時代が「マスコラボレーションによる開発・生産」へとシフトしていることを様々な事例をもとに書かれている。
それだけといえば、それだけなのだけど、これは大きな変化。

●金鉱の会社が地質データを開放する
●ソフトウェア会社がプログラムソースを開放する
など、機密情報として大事に守っていくべきだった情報をオープンにすることで、社外の人とともにマスコラボレーションする時代になりつつあるのだという。

しかし、そんな一方で任天堂もSONYもマイクロソフトもゲーム開発のためにプログラムソースを開放していないし(してないですよね?)、ユーザーにゲームを改変させないようにしている(たぶん)。
AppleもマイクロソフトもOSを開放していない。

だから、ウィキノミクスで語られている世界は特殊なんじゃないの?とか、まだ先の話なんじゃないの?とも感じる部分もあるが、おそらくはそんなに特殊ではない話になるだろうし、先の話ではなく今まさに変わりつつある話なんだろうと思う。

しかし、僕が勤める広告業界でマスコラボレーションって可能なんだろうか?
機密情報ばかりを取り扱う、しかも自社の機密ではなく得意先の機密を取り扱っているだけに、情報をオープンにするわけにいかない。それに、情報をオープンにしてマスコラボレーションで広告を作りましょう!なんてことになると、僕らはオマンマの食い上げになっちゃう。

でも、そのうちにいろいろ変わるんだろうなと思う。
そして、怖いことに「そのうち」というほど、先のことでもなく、今まさに変わりつつあるんだと思っていないと。。。

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:日記

【2008/09/21 20:57】 | 書評 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
[書評]明日の広告 佐藤尚之著
以前から読もう読もう、読まなきゃ読まなきゃと思いながら読めていなかった本。

社会人になってから広告、しかも、4大マス広告ではなく、プロモーション分野と呼ばれるPOPやリーフレットなどの店舗ツール、Webなどを中心に仕事をしてきた人間にとってはそう新しい内容ではない。
どちらかというと、これまでに自分なりにはボツボツ考えていたことをわかりやすくしっかりまとめていただいた!という感覚すらする。

難しい本ではないけども、読み甲斐のある本だし、もう一度は読み返してみようと思っている。

で、今日、新しいお客さんのところに一緒に行った営業部長と少し話していて、「WebとかITとかを勉強しないといけないと思ってるんだけど…」と話を振られた。
その時にこの本がカバンに入っていたので「この本『明日の広告』はすごくわかりやすいですよ」と紹介してみた。すると、その営業部長が「あ、この本は最近読んだ。確かに、すごくわかりやすかったし、これから先も広告の仕事をするなら、読まなきゃいけない本だと思う」と仰っていた。

「明日の広告」は、そんな本。

その時、横にいた割り合い若めの営業さん達も「読んでみよう」と言ってました。
そう、この本は広告やマーケティング、販売などなど、消費者(生活者)を相手に仕事をしている人は「読まなきゃ」な本だと思います。

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:日記

【2008/09/20 00:28】 | 書評 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
[書評]キッコーマンのグローバル経営―日本の食文化を世界に
キッコーマンといえば、老舗のお醤油屋さん。
伝統的な商品だし、しっかり根付いているブランドだから昔ながらのスタイルで経営している会社なのかな?と思いがちだけど、実はグローバル化が非常に進んでいる会社。そして、堅実でかつ大胆にマーケティング戦略を実施している会社なんだということが、この本を読むとよくわかる。

もう、マーケティング本の教科書にできそうなぐらい、きっちりとやるべきことをやっているようなのです。

具体的にどんなことをやっているのかというと、
●醤油の輸出だけでなく、アメリカに工場を作ることで、現地での原材料調達~生産~販売を行っている。
●醤油に馴染みが少なかったヨーロッパで醤油を拡販するためには、まずはレストランの出店を行い、現地に醤油文化を広めた上で商品の販売するといった全くの新規販売エリアの開拓手法。
醤油販売が頭打ちになりつつあったところで、タレやソースなどといった商品ラインの拡張を進め、これに成功している。
●醤油という得意分野をより深耕し、丸大豆醤油や減塩醤油など、高級品や新たなニーズを捉えた商品開発を行い、新たな顧客層を獲得するとともにキッコーマンブランドの価値をより高めることにも役立っている。
●デルモンテやマンズワインなど、キッコーマンとは別ブランドを掲げて、異なる商品ラインを作り出している。
読んでて、ほんとにすごいなと感心させられました。

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:日記

【2008/09/18 23:38】 | 書評 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
markezine day マス広告 VS ネット広告からの卒業 次世代マーケティングの作法 
金曜日に参加したmarkezine day。
モデレーターの河野さんがパネルディスカッションのまとめを書いてくれているので、リンク
これはすごくいい復習になる。

セミナーがこんな感じで復習コンテンツまで用意してくれるとありがたいと思う。
自分の頭の中で聞いてきた話がより深く浸透していくし、会社戻ってから「どんなセミナーだった?」と聞かれてもこれ見てって言えばいいし(笑)。
【2008/09/15 12:17】 | イベント | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
MarkeZine Day 2008 久しぶりのセミナー参加
昨日はMarkezine主催の「MarkeZine Day 2008」へ行ってきた。
こんなセミナーイベントに出席するのは久しぶり。転職してからは初なので、新しい名刺をばら撒くの初めてでした(週明けに発注しておいた方がいいかも)。

このイベントは朝から開始されていましたが、僕はエントリーした時期が遅かったこともあり、空いていた17時~の2コマを聞き/見に行ってきました。

まず、事務所からバタバタと駆けつけて聞かせていただいたのはニューズ・ツー・ユーの野間恒毅 さんによる「ソーシャルメディアに学ぶネットPR」。
野間さんはブログのアクセスアップのために「CUT-IN」という考え方を提唱されているとのことで、「CUT-IN」とは
C・・・Catchy:奇抜だとか、引っかかりやすさを作る
U・・・Useful:タメになる、つかえる情報を掲載する
T・・・Trendy:流行る前にエントリー。年間イベントの先回りとか
I・・・Interesting:面白い、興味深い、ちょっと笑いも(だったっけ?)
N・・・New:知らなかったで読ませる。一部エリアや業界内での常識も外に出すとNewsになる
といった手法により読者心に「CUT-IN」(割り込み)し、読者にスルーさせない(読みっぱなしではなく、ソーシャルブックーマークやBlog、SNS、miniBlogなどへのレスポンスを起こさせる)こと。

ただ、こんな手法を用いればそれだけで大丈夫!というものではなく、当たり前だけど、マメな更新とエントリーの多さがいちばん大事らしい。ここがいちばん難しいですよね。たぶん。
ま、それが仕事に変わればできるけど。


で、18時から聞かせていただいたのが、「マス広告 VS ネット広告からの卒業 次世代マーケティングの作法」というパネルディスカッション。そして、そのメンバーというのがかなり豪華で、

○モデレーター
コミュニケーション・デザイナーで、ブックオフオンラインの河野武さん

○パネリスト
株式会社CAテクノロジーの小越崇広さん
株式会社 博報堂の須田 和博さん
株式会社 ユニクロの勝部 健太郎さん

参加者からあらかじめ集められた質問に各パネリストが答える形で進められたのですが、「マス広告とネット広告」というものが頭にあるからか、媒体としての広告の話が多かった。
途中で川野さんが仰っていたけど、自分としては認知・喚起・誘引までの媒体広告と誘引・喚起・コンバージョン・リピートへも繋がる自社メディア(プロモーションサイトとか)というお話が聞きたかった。

ただ、実際に誘引・喚起・コンバージョン・リピートへも繋がる自社メディア(勝部さん本人は「インフラ」という言い方をされていた)を世界規模で作ってしまったのがユニクロ・勝部さんのUNICLOCK
今年度のインタラクティブ関連の広告賞を総なめにものです。

自分が営業や媒体販売の部門でなく、制作側の人間だからということもあるけど、一過性でしかない媒体広告よりも長期的にユーザーを集客・誘引し続けられる自社メディアの開発に重きを置いた方がいいと強く強く思う。
ふだん、仕事をしていてもそう感じるし。

というわけで、セミナー後の名刺交換会にも参加させていただき、なかなか自分から切り出せずに「待ち」の姿勢の割りにはいろんな人と話をさせていただいた。また、同グループ内の方とお話ができたこともすごくよかったと思う。

参加させていただいた2つの枠とも、タイトルと内容がズレているようには思えたけど、久しぶりにいい刺激をいただきました。

そういや、夜中の12時にUNICLOCKを見るとレアなダンスが見れる(注)というのを聞いたのに、昨晩は徹夜で事務所にいたというのに、レアなダンスを見逃してしまった。
また、今度見てみよう。

(注)ここについては2007年6月時点の情報で、現在もレアなダンスが見れるか否かは未確認とのこと。
(さらに注)こちら、本日(2008年9月20日)時点ではレアダンス見れました!
徹夜中にコレ見たら、帰りたくなっちゃいそうです。
【2008/09/13 11:42】 | イベント | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。