スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
[書評]過剰と破壊の経済学 「ムーアの法則」で何が変わるのか?
池田信夫さんの「過剰と破壊の経済学 「ムーアの法則」で何が変わるのか?」をようやく読んだ。

どんな内容かというと、「ムーアの法則」半導体メーカーの(特にCPUメーカーとして有名な)インテル創業者のゴードン・ムーアが唱えた「半導体の集積度は18ヶ月で2倍になる」という法則が現実社会にどのように影響を及ぼしてきたか?この法則を無視したためにどんな失敗があったのか?そして、この法則から未来を読むには?といった内容(だと僕には思えた)だ。

だいたい、ムーアの法則の「半導体の集積度は18ヶ月で2倍になる」自体も、このままの言葉では僕にはピンとこない。ただ、大枠の理解としてはコンピュータの処理速度と小型化と低価格化の進化は非常に速いスピードで進んでいるということ。
だから、新しい商品やサービスを提供したり検討したりする際には、その時点でのコンピュータ環境で判断なしてはいけないということだ。

さらに、ムーアの法則では半導体のみに言及されているが、記憶媒体であるハードディスクも大容量・小型化・低価格の進化をしているし、各コンピュータ端末をつなぐネットワーク(インターネット)回線も高速化・ワイヤレス化・低価格化の進化が続いている。
これらの進化を念頭に置くことなく、その時点での感覚で物事を判断すると、判断を間違ってしまう。
だから、新しい商品が市場に根付くか?を消費者調査する際も、消費者はその時点での感覚で応えてしまうだろうから、この「進化」を念頭に置かないと間違った結論を導いてしまう可能性がある。

さらにさらに、「ムーアの法則」的な考え方が当てはまる進化が進んでいくもの(コモディティ化していくもの)と、大きな性能進化も低価格化も期待できないものを見極めておく必要がある。

技術の進歩が影響を与えないもの、資源が有限もしくは高価格な物はコモディティ化しないと考えた方がよいはず。ということは、原油や人の労働力(人件費)は大きな性能進化も低価格かも期待できない、、、と考えるところなのだけど、原油に代わる代替エネルギーとして低価格化でより効率的なエネルギー源が出てくるかもしれないし、世界のフラット化が進むことでより能力が高く人件費の安い国へ業務をアウトソースできることも出てくる。

僕にとってのこの本は、こんな風に「未来を考える時のコンパス」「未来を歩く時の杖」的なものになってくれるんじゃないかなと思っている。

ちなみに、この本の著者、池田信夫さんのブログを僕は日々拝読させてもらっています。

スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:日記

【2008/01/27 11:15】 | 書評 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
デザインのためのデザインの本
グラフィックデザインやWebデザインに関わっていながら、さらにはデザイナーに指示する立場にありながら、基礎からデザインを学んでこなかった私が読んですっきり理解できたのは原 研哉さんの「デザインのデザイン」だった。
この本は、デザインとは何なのか?を本当にスッキリと理解させてくれた。
この本を読む以前にも、社会人になって初めて付いた先輩から「デザインは意匠だ」、「意味を表現するのがデザインだ」などと教わったりした。
また、「アートディレクター入門」なんていう、デザイナーがさらに上を目指す時に読むための本なんかも読んでみた。
でも、僕が一番デザインを理解できたように感じたのは「デザインのデザイン」だった。ただ、4~5年前に読んだ本だから、詳細は記憶がない。。。

そして、今回読んだのは「デザインのデザイン」の原研哉さんが、ベルリン在住のアーキテクト・デザイナー阿部雅世さんとデザインについて対談した「なぜデザインなのか。」。

この本は以前、読んだ「デザインのデザイン」で感じた感覚を思い出させてくれた上、もっと素朴で生活するうえの感覚である肉体感覚での美意識について考えさせてくれた。
自分の部屋のインテリアを考える時、食器をひとつ買う時、ちょっとした景色を見て感じる、そんな生活に根ざした美意識について考えさせてくれた。

そんな本の中で非常に刺さったフレーズは下記。

----------------------------------------------------------------

いまの日本の基礎教育の中で図工の時間が減っているのですが、これは糊で色紙を貼るような「作業の時間」が減るのではなくて、「創造性」の時間が削減されていると考えた方がいい。国語、算数、理科、社会、図工はあまりに身近になっているので、ぴんとこないところがありますが、言い換えれば「言語」、「数学」、「科学」、「世界」、「創造性」です。科学に創造性を掛け合わせるからノーベル賞級の独創的な研究が生まれる。クリエイティビティを過小評価してはいけないし、させてもいけない。
(「なぜデザインなのか。」第六章 P203より引用)

----------------------------------------------------------------

美しさを感じる心も、さまざまなことに対する価値観も、新たなことを創り出すクリエイティビティも、子どもの頃の教育を含めた経験から紡ぎだされる。
そんな風に感じたのでした。



テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:日記

【2008/01/25 01:30】 | 書評 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
最近の若い人たちと問題解決思考
「最近の若い人はすごいな」、仕事関連で出会う若い人たちに対してそんな感想を持つことが多くなった。

僕の歳は30代後半。つい最近までは「若い人」側に自分が属するものだと思っていたが、知らない間に「若い人」ではなくなっている。

「今の若い人たちがどういう風にすごいのか?」というと、
●彼らは社会に出る前の段階で社会人としての様々なスキルを身に付けていること
例えば、PCを自在に使えこなせたり、英語を当たり前に話す人が多かったりという人が多いように思う。

●社会人になってからも勉強し続ける人が多いこと
社会人として働きつつ大学院に通ったり、昔のオジサンが読んでいたビジネス書とは違うタイプの自己啓発系のビジネス書を読みながら勉強している人が多いように思う。

そんな時代には以前には特殊能力ともいえた能力がどんどん当たり前の能力になっていく。
あって当たり前、ないと失格になってしまうわけだ。

冬休みにはそんなわけでこんな本を読んでみた。

「仮説思考」 内田和成 著
この本はコンサルティング会社としてマッキンゼーと双璧をなす(なしますよね?)ボストン コンサルティング グループの人が書いたもの。
最近はこんな本がほんとうに普通に出回るようになってきた。
仮説思考、問題発見、問題解決など、一般ビジネスマンが身に着けておくべき当たり前の力になりつつあるんだろうなと感じてしまうほどだ。

僕はこの「仮説」という言葉があまり好きではない。

自分でも企画を立てる時やコンサルティングを開始する際は、周辺情報をざっくり集めたところで、いくつかの問題点となっていそうなところや改善の方向性を前もっていろいろ出してみて、どの選択肢が正しそうか?を見極めながら進めていくことが多い。
とりあえず情報収集を進めていくのではなく、初めに考えた方向性を絞り込むための情報収集をしていくというのが、簡単にいうと仮説思考なのです。
ただ、こういうステップで考えている時に、周りの人から「あくまでも仮説としてはそうなんですね?」などと言われると、いろいろな志向の末に辿り着いた方向性を「仮設=簡単に考えられたアイディア」みたいに感じてしまうのです。
今回、読んだ「仮説思考」はこんな僕の独りよがりな「仮説」という概念を修正してくれました。
新しい言葉を覚える時には、いちいち辞書を引いて覚えるわけではないのでどうしても自分なりの意味として解釈して覚えていることが多い。そんな意味の修正のためにもこういった「知ってるけど、自分なりの解釈で終わってしまっていないか?」にあたる本を読んでいくことは大事だなと思った次第です。

「世界一やさしい問題解決の授業」 渡辺謙介著
この本はかなりの勢いで売れているようなのですが、論理的な「問題解決」を理解するための入門書としては最適だと思う。
そして、自分なりに「問題解決」を理解しているように考えてはいるが、大丈夫かな?と考えている人にも復習のための良書だと思う。
ただ、この本は中高生向けにイラストや図解も豊富なのに120ページという薄さで作られているから、やはり「問題解決」思考法の一片を書いたものに過ぎないと思う。でも、こんなにわかりやすく書いてくれているのだから、導入編としては最適だと思う。
そんな本です。
参考

ただ、こんな本を読んでいると、これからの若い人たちは中高生の頃からロジカルシンキングや問題解決のための思考法を身に付けるようになるのかな~と思ってしまう。そんな時代になっていくのだなと思いつつ、アメリカなんかではこういった勉強を当たり前にしている子ども達もいるわけで、そんなアメリカに対抗していくためには日本でもこんな学習法を進めていかなければならないのだなと思うわけです。



テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:日記

【2008/01/20 12:44】 | 書評 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
最近の子ども番組事情  つづき
子ども番組のお話の続きを。。。

最近、放送されている子ども番組を少し整理してみると

1:「おかあさんといっしょ」などの幼児向け番組
2:ナルトやプリキュアといった子供向けアニメ
3:戦隊物やウルトラマンなどのヒーロー系番組
4:ヤッターマンやガンダムなどの復活もしくはシリーズアニメ
5:アニメやヒーロー系の再放送番組
6:深夜放送されているアニメ
と、ざっくりと分類してみた。

まず、このうちの「6」はアニメ好きの大人向けに放送されているので、子ども番組ではない。しかし、この大人向けアニメの番組数はかなり多く、深夜の1~2時の時間帯になると、複数のチャンネルでこの手のアニメを放送している。

で、次に「1」だが、こういった幼児向け番組もかなり減ってしまい、以前は民放で放送されていた「ロンパールーム」や「ポンキッキー」、「ウゴウゴルーガ」なんかも終了し、続き番組は作られていない。この幼児番組をまだ頑張ってくれているのがNHKで、「おかあさんといっしょ」はいくつかのパターンに分かれて放送されているし、「ピタゴラスイッチ」なんて新しくて面白い番組も作っている。

そして、「2」「3」なのだが、これがまず減ってしまっているのだ。
「2」については常に新しい番組が作られているが、その枠は少なくなっている。そして、「3」はウルトラマン、ゴレンジャー、仮面ライダーのシリーズもの以外は作られなくなってしまった。

その代わりに多くなっているのが「4」で、今週からスタートした「ヤッターマン」、3年ほど前に復活して大人気になっている「ドラゴンボール」、常に新しいシリーズが放送されているように感じる「ガンダム」など、昔懐かしいけど新しいアニメがけっこうな数流されている。

そして、順番が入れ替わってしまったけど、最後の「5」は夕方の再放送枠が減ってしまったためか、かなり減っている。その代わりに、ケーブルテレビのCartoon Networkなっかでは海外アニメや昔のアニメ番組なんかも流れている。また、関東ローカルのTOKYO MXテレビではアニメの再放送をよくやっている。

こんな風に子ども番組を取り巻く状況が変化している理由としては、
A:少子化でそもそも子ども番組を見る子ども数が減っている
B:子どもだけが見る番組ではマーケティング的な旨みがない
 →一方、親子セットで見てくれると買い物に繋がりやすい
C:夕方の時間などは子ども以上に旨みのあるターゲットが見つかった
というところだろうか。

「A」の少子化については特に説明することはないと思う。

「B」については、子どもだけで楽しむ子ども番組より、親子で楽しめる子ども番組が増えている状況からそうなんだろうなと思う。おまけに、親子だけでなく、ガンダムやヤッターマンなんかは子どもがいない大人だけでも楽しんでいる。子どもだけが楽しむよりは大人も一緒に楽しんでくれる方が、視聴者のお金が動きやすいということなんだろう。

「C」については、今の夕方のニュース番組は誰に見られているんだろう?と思う
僕が子どもの頃は夕方は子どものための時間だった。僕が高校生ぐらいになると、「夕やけニャンニャン」なんかが流行り、夕方は中高生の時間帯に変化した。
その後、大学生になり社会人になった僕は夕方のターゲットからは完全に外れてしまい、夕方の番組を見ることがなくなってしまった。
今のニュース番組だらけの夕方の番組を見ていると、団塊シニアを中心としたシニア層をターゲットに番組制作をしているのかな?と思う(CMなどを実際に見れていないので確証はないですが)。

こうやって考えると、今の子ども番組は純粋に子どものためには作られなくなっているんだろうなと思う。ドラえもんのジャイアンの性格がソフトになってしまっているのも、子どもではなく親の顔色をうかがった結果なのだろうし、ヤッターマンのエッチさ加減もソフトになっているようだ。

昔のアニメは「妖怪人間ベム」とか「カムイ伝」とか、親としてはあまり子どもには見せたくない番組も多かったように思う。「ルパン」や「キャッツアイ」のような泥棒が主人公の番組というのも、子どもに見せるのはどうだろう?とも思う(「ミッキーマウス」も「トムとジェリー」もけっこうヒドイことするし)。
でも、そう考えるのは大人であって、子どもが見たい番組かどうかという話はまた別の話だと思う。
そう考えると、番組広告枠を気にすることから、大人の顔色をうかがって作られた「大人がよしとする」子ども番組しか見ることができない今の子ども達は可哀相だなと思う。

テーマ:マーケティング - ジャンル:ビジネス

【2008/01/19 14:34】 | 市場変化 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
最近の子ども番組事情 現状編
冬休みの間は子どもと過ごす時間が多かったので、子ども番組を見ることも多かった。
そこで気になったのが、子どもだけのための子ども番組の少なさだ。

僕が子どもの頃(25~30年ほど前)は、小学生が学校から帰ってくる16時にはウルトラマンなんかのヒーロー実写系番組やアニメ番組の再放送が多く放送されていた。そして、中学生・高校生が帰ってくる17時ぐらいになると、学園物を中心としたドラマの再放送が流されていた。
そして、18時代は宿題をやれということなのか、ニュース番組が多かったが、テレビ東京系のチャンネルではさらに古いアニメの再放送や海外から買い付けてきたチープなアニメが流されていた。
食事時の19時になると、ゴールデンタイム。
その時代に最も流行っているアニメ番組が流されていた。
といっても、19時代がぜんぶアニメ番組だったわけではなく、ぴったしカンカンとか霊感山勘第六感(漢字には自信なし)とか、ハイ&ローとか、家族で楽しめるクイズ番組もたくさん放送されていた。
でも、夕方から19時ぐらいの時間帯は子どもが見るための番組がすごく豊富だったと思う。

それに比べると、今はアニメを中心とした子ども番組がすごく減っている。

まず、平日の夕方の時間帯を見ると、16時代はドラマの再放送が多く(水戸黄門なんかの時代劇はまだ健在!)、17~18時代は2時間番組のニュースでほぼ占められている。
そんな中で、NHKは乳幼児から小学校低学年向けの子ども番組を流しているし、テレビ東京系でもアニメの再放送をやっている。
でも、僕が子どもの頃に比べると、夕方は子どものための時間帯ではなくなってしまっている。

ゴールデンタイムの19時代はどうかというと、子供向けのアニメ番組が流れるのは1チャンネルぐらいしかない。ナルトやコナンやドラえもんクレヨンしんちゃんなんかがやってるけど、火曜はアニメはやってない。そんな状況なのだ。

土日になると、少し状況は変わってきて、朝早い時間帯は子ども番組が多くなる。
それも早朝6時頃からアニメ番組が始まり、10時頃になると、バラエティの時間になってしまう。今の子どもは早起きしないと、アニメが見れないのだ。

と、ここまで書いて続きはまた。。。

テーマ:マーケティング - ジャンル:ビジネス

【2008/01/17 03:38】 | 市場変化 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
[書評]2ちゃんねる、中島らも、ホームレス中学生
年末に読んでいながら書き損なっていた3冊をまとめて紹介。

「2ちゃんねるはなぜ潰れないのか?」西村博之著
正直、あまり読後感のない本。
2ちゃんねるがたくさんの裁判で多額の損害賠償を請求されていながら潰れない理由(すごく現場感覚の日本の司法事情がわかる)が初めに書かれているのだが、これはこの本の中のほんの一部。
全体的にはインターネットというものに対して、2ちゃんねる管理人でニコニコ動画なんかも生み出した「ひろゆき」の視点で語るというもの。
その視点は非常に醒めていて、本質的で、非感情的。世間でどれだけ騒がれたり評価されていても、「あれって結局○○でしょ」と無慈悲に切って捨てる。

インターネット(Webサイト)といえば、Yahoo!やGoogleや大手新聞社サイトやショッピングぐらいにしか使わないという人が、インターネットのもう少しディープな部分を知りたいという時にはすごくいい本だと思います。
あと、感想としては、自分が思いついたサイト企画を自分の手で(プログラミング)で作れる人が羨ましいなと思い、また、そんな人はなんか思考回路が自分とは違うなと思いました。


「らも-中島らもとの三十五年」中島美代子著
小説家にしてコピーライターだった中島らもとの35年間を中島らもの奥さんが書いた本。
初々しくて楽しく読める高校生の頃の出会いの話から、結婚後しばらくしてからのドロドロというよりはモヤモヤした複数の男女が入り込む夫婦関係の話、大麻での逮捕から死までの比較的落ち着いた和やかな生活と奥さんが死を受け入れていくまでの過程といった話。
僕は高校生の頃に中島らもに触れ、それからは社会人になってしばらく経つまで、中島らもは常に読み続けている作家だった。
広告の世界やもの作りの世界、サブカルチャーな世界など、いろんな世界に興味を持たせてくれた中島らもという人が、どんな風に作られていったのかを知ることができて非常に面白かった。
あと、夫婦関係のあり方のひとつのスタイル(多くの人には真似できないし、したくないスタイルだけど)も知ることができた。


「ホームレス中学生」麒麟・田村裕著
2007年のベストセラーの1冊。とにかくすごく売れているらしく、小中学校の図書室でもたくさん読まれているらしい。
僕はこの麒麟・田村のホームレス中学生話を芸人同士が「貧乏自慢」をするというテレビ番組で初めて知ったのですが、この時の貧乏自慢の応酬はすごかったし、すごく面白かった(貧乏話を面白いと書くのは不謹慎かもしれませんが、話す芸人自体が「笑わす」ために貧乏話をしているのだから笑えてしまう)。

というわけで、この本を読む前にだいたいの話はわかっていたし、文章もそんなにいい文章を書いてるわけでもない。なので、割り合い淡々と読み進めていました。
そんな読み方をしている僕の心に残ったのは、田村が周りの人たちにすごく素直に感謝の気持ちを抱き続けているところ。世話になった同級生や近所の大人たち、学校の先生、兄と姉、早くに亡くなってしまった母親と家族を解散した父親みんなにいい感情を抱き続けているなと感じました。
でも、説教臭くなったり、ジメジメした話にならないところが読んでて気持ちよかった。


テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:日記

【2008/01/05 11:20】 | 書評 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Yahoo!Japanリニューアル
新年明けましておめでとうございます。

年末の忙しい時期にドラクエを始めてしまったことと、年末年始の間に集中してPCに触れる時間が減ってしまったことで、すっかりブログ更新が滞ってしまっていました。
駄目ですね。

新年といえば、2008年からYahoo!Japanのトップページがかなり大幅にリニューアルされました。
今回のリニューアルは12月辺りからBeta版が公開され、しっかり告知されていましたが、このリニューアルがこれからのネット視聴率や検索エンジンシェアにどのように影響するのか気になるところです。

というのはWebサイトに関わらず大幅なデザイン変更の浸透期間は、顧客やユーザーにプラスに受け取ってもらいにくいのです(タバコやお菓子のパッケージなんかも『前の方が良かったよな』と思うことが多くないですか?)。
さらに、Webサイトの(特にYahoo!Japanのようなポータルサイトの)ブランドチェンジは非常に簡単に移行されてしまうのに、そこからの復帰(元のWebサイトに戻ってこさせること)は難しいことが多いのです。
特にコラムや動画などのコンテンツ型ではなく、道具として使うことが多いツール型WebサイトであるYahoo!Japanの場合は『使い慣れていること』がユーザーに便利さを感じさせていることが多いため、よっぽどうまくリニューアルしないとユーザーに不満を与えることになってしまう。

今回のYahoo!Japanのリニューアルを見た感想をいくつか書くと、
Yahoo!Japan

(1)ユーザーに良く使われているコンテンツを前面に出した 検索窓の下の大きなスペースにニュース系のコンテンツを出しています。僕自身もそうだったのですが、Yahoo!ユーザーが一番クリックするエリアはこのニュース系コンテンツだったのでしょう。
 でも、Yahoo!へやってくる理由は「ニュースを見るために」ではないと思います。なので、この変化は正しいのか?と僕は疑問を感じます。
(2)Yahooコンテンツへの誘導を強化している ニュース系コンテンツの下のところは映画情報・エリア情報・セカンドライフ情報など、Yahoo独自のコンテンツへ誘導する箇所になっています。
(3)検索窓を大きく目立たせた
以前のYahoo!Japanのトップページでも検索窓は目立つようにデザインされていましたが、今回はさらに大きく目立たせています。
(4)カテゴリ検索が消えたYahooの最も基礎になっていたカテゴリ検索がトップからは消えてしまい(もしかしたら以前のトップページでもなくなっていたかもしれません)、カテゴリ検索が使いにくくなった。
(5)左右幅が広くなった
最近のPCがワイドウィンドウを採用する傾向にあることから、多くのWebサイトで左右幅の広い画面を採用する傾向にあります。Yahoo!もこれに倣ったのだと思いますが、ツール系のWebサイトであるYahooは本当に幅広の画面で使いやすいのか?と疑問に思います。

この5点を裏返して考えると、
(1)よく見られている箇所を「受け入れられている理由」と捉え強く打ち出した
(2)検索サイトからコンテンツサイトへとより強くシフトした
(3)コンテンツサイトを意識しつつも、検索サイトとしてもアピールしようとしている
(4)初期のYahooを支えていたカテゴリ検索を見切った
(5)幅広の画面でコンテンツの表現力を持たせようとした?広告枠を大きくした?
といったことが考えられます。

この5点から感じるのは、ごくごく当たり前に「よく見られているもの」と「もっと見て欲しいもの」を大きく打ち出したリニューアルだということです。
当たり前だし、オーソドックスなリニューアルのやり方だと思うのですが、今まで10年ほどの間、Yahoo!Japanをデフォルトページ(ブラウザ起動時のページ)として登録していた僕にはあまり歓迎できないリニューアルだなと感じています。

テーマ:ネット的社会観 - ジャンル:サブカル

【2008/01/04 22:22】 | ネットでの話題 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。