スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
velocity ベロシティ思考 -最高の成果を上げるためのクリエイティブ術-
読み終わったのに、「velocity」という言葉をうまく説明できない。
この本では、こんな風に説明してくれている。

方向性をもつスピード、速度、迅速性。
本書では、新しいテクノロジーや流行が次々に登場し、
価値観が毎日のように変わり、人、もの、情報など
あらゆるものが「つながっている」、
不確定でスピーディーな新しい時代の概念、環境を指す。



要は、何もかもが不確定でどう動いていいのかわからないけど、
新しいモノやサービスや考え方がどんどん出てきて、
めまぐるしく変わっていく今の感じのことが、velocityなんだと思う。

この本は、「ベロシティを味方につけるための7つの原則」を

1.銃の前では、最強の手札も無力になる。
2.行うは易く、言うは難し。
3.最高の広告は、広告ではない。
4.手軽さは、正しさの敵である。
5.そこに「人」がいることを忘れずに。
6.最高のジョークも、会議にかけるとダメになる。
7.自分自身よりも大きな目標を持て。


アメリカの広告会社AKQAの創設者・アジャズと、
ナイキのデジタルスポーツ担当副社長・ステファンの会話で説明していくもの。

会話なので読みやすいし、わかりやすい。
そして、自分と照らし合わせてみて、できてないよなーと考えさせられるところが多々ある。

それから、「velocity」には素晴らしいオマケがついてる。
本の最後の方にはよく、あまり面白くもない解説なんかが載っているが、
この本のオマケは、AKQAのレイ・イナモトによる特別寄稿「広告の未来は広告ではない。」
これだけでも、読む価値があるので、読み落とさないようにしたい。

ここで、レイ・イナモトが話す広告の未来とは、

「マス広告」ではなく「ソフトウェア」
「メディア」ではなく「プロダクト」
「ブランドの物語」ではなく「ブランドの行動」
「キャンペーン」ではなく「プログラム」
「360」ではなく「365」


これだけ読んでも、チンプンカンプンかもしれないけど、
読み終わった後には、デスクの前にでもメモっておきたくなります。


スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:日記

【2012/10/08 19:08】 | 読書メモ | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
古典が再評価されているのか?
ニーチェの
サッカーの南アフリカワールドカップの日本代表の主将を務めた長谷部が、ワールドカップの際に愛読書にしていたのが「ニーチェの言葉」だと、勤務先近所の書店で知った。


そして、家の近所の書店でダンテの神曲を見つけた。


ダンテの神曲なんて読んだことはないけれど、世界史の中で出てくる傑作だとは知っている。
この本はけっこう平易な言葉で訳してくれていて、ダンテの神曲でも完読できそうな文体。

そこで、ふと思った。
いまはいろんな意味で原点回帰の時代なんだろうか?

経営関連の本でも、「もしドラ」以降、ドラッカーが流行っていたりするし。。。


何かと不安定で、先行きが見えない時こそ、原点回帰して俯瞰的に時代を見ようということなのかもしれない。




【2011/01/16 04:42】 | 読書メモ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
[読書メモ]バイラル・ループ あっという間の急成長にはワケがある
「バイラル・ループ」とは何か?という概念や理論紹介的な本かなと思って、読み始めましたが、さにあらず、これまで「バイラル・ループ」を生み出してきたWebサービスの事例を中心に紹介した本。

事例紹介部分はHOTMAIL、e-bay、ペイパル、facebookなどなどが下記の要領で紹介されている。
●Webサービスを創り出した中心人物のパーソナリティ
●コアアイディアを思いついた経緯
●サービススタート~アクセス急増による運用時の苦労
●サービスがブレイクしてからのその後

「バイラル・ループ」を獲得して成功した事例が数多く載っているので、新たなサービス立ち上げを考えている人にはすごく参考になる一冊だと思う。

こういう本を読むと、プログラムを書ければなーと思ってしまう。



【2010/11/28 03:33】 | 読書メモ | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
[読書メモ]もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
よく子どもを遊びに連れて行く市の施設があるのですが、そこの図書コーナーにすごく売れてるという「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」が置いてあったので、ちょっと見てみるつもりで手に取った。

子どもを遊びに連れてきている訳なので、「どんな本なのか?」ほんのちょっと見てみるつもりだったのに、すぐに引き込まれた。

いきなりぐっと引き込まれた理由の一つは、『もしドラ』を「萌え系のイラストがあしらわれたカジュアルにドラッカーを説明した本」と思い込んでいたのに、予想をいい意味で裏切られたから。
「もしドラ」はカジュアルなビジネス書ではなく、小説だったのです。
それもよくできた野球部が舞台の青春小説。
勝手に勘違いしていただけなんだけど、これにはビックリさせられました。

主人公の野球部の女子マネージャーがドラッカーのマーケティング・エッセンスを開く形で随所にドラッカーのマーケティング理論は出てくるけれど、その説明が主なのではない。

ストーリーを追っかけることに意識が向いてしまい、ドラッカー理論をしっかり読めていないこともあるかもしれないけど、ストーリーの中でドラッカーのマーケティング理論は女子マネージャーを導くログポースのような役割を担っているものの、重要な脇役でしかない。

といっても、『もしドラ』を読み終わった後には、ドラッカーの『マネジメント』を読んでみようと思う人は多いんじゃないかな?と思う。
『もしドラ』のストーリーを追っかけながら、ドラッカーの『マネジメント』を同時並行して読むというのが正しい方法かもしれない。



【2010/11/28 03:05】 | 読書メモ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
トリプルメディアマーケティング
またもや久しぶりの更新になってしまいました。
というわけで、無理せず簡単に書かせていただきます。

今回、読んだ本は、ADKインタラクティブの横山隆治さんが書かれた「トリプルメディアマーケティング」。


PaidMediaと呼ばれる広告(買う)メディアとOwned Mediaと呼ばれる自社(所有する)メディアにEarned Mediaと呼ばれる消費者や新聞社・出版社などの第3者が運営する(得る)メディアという定義は、最近いろんなところで目にするので把握してはいた。

なので、別に読まなくてもいいかな?と思っていた。

しかし、自分事化・仲間事化・社会事化とトリプルメディアの展開やその事例までを入れてくれていたので、スッキリした感があった。(模式図だけを見ると自分事化・仲間事化・社会事化がすべてのトリプルメディアに繋がっているんだけど、事例と合わせると腹落ちする)

また、本文中に挿入されている模式図や一覧表などが、いろいろと頭の整理に役立ちそう。
【2010/09/27 00:13】 | 読書メモ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。