スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
これからRCサクセションを聴きはじめる人へ
アッコちゃんこと、矢野顕子が清志郎のカバーアルバム「矢野顕子、忌野清志郎を歌う」を出してくれたことで、清志郎を思い出してくれる人が増えてるみたい。ありがたいことだ。


でも、その矢野顕子の「矢野顕子、忌野清志郎を歌う」を試聴してみようと、近所のタワーレコードにいってビックリ。清志郎やRCサクセションのCDが棚に置いてないのです。。。
1年ほど前にいった時には、清志郎のソロアルバムが何枚かと、ベストアルバムを中心にだけど、RCのアルバムも何枚かあったはずなのに。

でも、アッコちゃんが、せっかくカバーアルバムを出してくれたんだから、これから清志郎を聴いてみよう!という人もいると思うのです。
僕なら、アッコちゃんの「矢野顕子、忌野清志郎を歌う」の横には、“清志郎を聴き始めるなら!?”のコーナーとか作っておくけどな。

というわけで、僕なりに、“初めて、清志郎を聴き始めるなら?”を考えてみました。
で、ソロ時代とRC時代をまたぐと、膨大になりそうなので、まずはRC編。

RCサクセションって、「雨上がりの夜空に」や「スローバラード」は耳にしたことあるけど、、、という人にオススメしたいのは、「BLUE」。
RCサクセションはベスト版もたくさん出てるけど、1曲1曲をバラして聴くより、アルバムで聴いた方がいいと思うんですよね。


RCサクセションといえば、ブルージーなロックバンドなのですが、BLUEはギターの仲井戸麗一・チャボの重いギターがブンブン鳴ってる中、清志郎の尖った声が聴ける名盤。
あらためて聴いてみると、ブルージーなロックンロールと一言一言が染み入るバラード、そしてトリッキーなポップさというRCサクセションのいろんな面がバランスよく納められてるアルバムなのかも。

収録曲は
1.ロックン・ロール・ショー 2.Johnny Blue 3.多摩蘭坂 4.ガ・ガ・ガ・ガ・ガ 
5.まぼろし 6.チャンスは今夜 7.よそ者 8.あの娘のレター

じゃー、次は?と聞かれると、Rcはやっぱりライブバンドだから、ライブアルバムをオススメしたい。
アルバムタイトルが、RCそのまんまの「キングオブライブ」というアルバムもあるんですが、ベストアルバム並みの粒ぞろいの選曲のライブアルバム「the TEARS OF a CLOWN」がイチオシ。
ちなみに、DVDも出てます。


収録曲は
1. IN THE MIDNIGHT HOUR 2. Sweet Soul Music 3. 君が僕を知ってる 4. ラプソディー 
5. よそ者 6. 君はそのうち死ぬだろう 7. 打破 8. スローバラード 
9. SKY PILOT/スカイ・パイロット 10. トランジスタ・ラジオ 11. ドカドカうるさいR&Rバンド
12. LONELY NIGHT(NEVER NEVER) 13. ヒッピーに捧ぐ 14. 自由 15. 雨あがりの夜空に
※DVDは12曲と、ちょっと少ないです

もっと聴いてみたい!という方には、RCがフォークバンドからロックバンドへ変化しようとしていた頃のアルバム「シングルマン」を聴いていただきたい。

「ヒッピーに捧ぐ」や「スローバラード」と、ファンに支持される珠玉のバラードが収録されたアルバムですが、型やジャンルにハマり切らない新鮮な音が聴けるアルバムです。
ただ、このアルバムをリリースした頃のRCサクセションはいちばん売れない時期だったため、「シングルマン」は一度、廃盤になってしまっています。でも、ファンの働きかけによって再販になったという珍しいアルバムでもあります。

収録曲は、
1. ファンからの贈り物 2. 大きな春子ちゃん 3. やさしさ 4. ぼくはぼくの為に 
5. レコーディング・マン(のんびりしたり結論急いだり) 6. 夜の散歩をしないかね 
7. ヒッピーに捧ぐ 8. うわの空 9. 冷たくした訳は 10. 甲州街道はもう秋なのさ 11. スローバラード


と、ここまで聴いていただけたなら、あとは自分の好みでどんどん聴いていってくださいと言いたいところですが、最後に1枚、これも聴いてみてください。

「COVERS」は、タイトル通り、いろんな曲のカバー曲を集めたアルバム。
ただ、そのカバーの仕方は、“替え歌”と呼ばれる手法も含まれていて、エルヴィスの「ラヴ・ミー・テンダー」は反核の歌に、エディ・コクランの「サマータイム・ブルース」は反原発の歌になってます。

このアルバムは原発メーカーを親会社に持つ東芝EMIでは発売禁止になり、別のレコード会社から発売されたもの。
発売禁止になった時に、「素晴らしすぎて発売できません」という異様な新聞広告が載ったりしました。
福島の原発事故が起きた後に聴くと、また、印象は変わるはず。

あと、反核や反原発の“替え歌”ばかり印象に残る「COVERS」ですが、収録されてるジョン・レノンの「イマジン」のカバーは、ほんと聴いて欲しい。清志郎本人は“意訳”と呼んでますが、英語で聴く「イマジン」より、僕には伝わってきます。
あー、それから、「COVERS」はいろんなゲストも招かれて作られてるので、ゲストを探しながら聴くのも楽しいですよ!

収録曲は、
1. 明日なき世界 2. 風に吹かれて 3. バラバラ 4. シークレット・エージェント・マン 
5. ラヴ・ミー・テンダー 6. 黒くぬれ! 7. サマータイム・ブルース 8. マネー 
9. サン・トワ・マ・ミー 10. 悪い星の下に 11. イマジン

RC解散後の清志郎を聴いていない人も多いから、そこのオススメアルバムも紹介したいんだけど、これはかなり悩みます。RC解散後の清志郎は、いろんなバンドやユニット、ソロでやってるから、RCサクセションの頃以上にバラエティ溢れるいろんな曲を遺してくれてるんですよね。

スポンサーサイト

テーマ:音楽を楽しもう! - ジャンル:音楽

【2013/03/04 01:02】 | mucic | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
最高にロックなバンド
ロック好きな僕は、好きなミュージシャンや好きなバンドはほんとにたくさんある。
そんな中で、いちばんロックなバンドは?と夢想したりすることもある。

僕にとってのロックは、激しく、尖ってて、過剰で、セクシャルで、アートっぽくて、インモラルで、、、とロックな定義はこんな感じでいろいろ出てくる。
でも、こんな定義をぜんぶ併せもったカッコいいバンドは、Velvet Undergroundだと思う。

WikipediaによるとVelvet Undergroundは、

ザ・ヴェルヴェット・アンダーグラウンド は、1965年に結成されたアメリカのロックバンド。ヴェルヴェッツという略称でも呼ばれる。 商業的な成功を手にすることなく解散したが、その極めて内省的かつフリーキーなサウンドと、性におけるタブーや薬物など人間の暗部を深く鋭くえぐった歌詞は、デヴィッド・ボウイやセックス・ピストルズをはじめとする後進のアーティストに多大な影響を与え、ロックの芸術性の向上に大きな役割を果たした。 1996年にロックの殿堂入りを果たした。


ルックスだって、こんなにカッコいい。
velvet

この写真を見て、あれ?と思った人もいるかもしれない。
右から二人目の白髪の男性を見たことがある人は多いかもしれない。
この白髪の男性は、アンディー・ウォーホール。
アメリカのモダンアートやポップカルチャーの第一人者だ。
Velvet Undergroundは、そんなアンディー・ウォーホールがプロデュースしていた。

ウォーホールがデザインしたバナナのジャケットで有名なファーストアルバムにはこんな曲が入ってる。




これぞ、ロック!と思うんだけど、いかがでしょう?
ほんと、ロック好きの若い人には、是非、聴いていただきたいバンドです。
気に入っていただけたら、Velvet Undergroundのヴォーカリスト・Lou Reedがソロになってからの曲も聴いてみてください。ほんと、カッコいいので!


テーマ:なんとなく書きたいこと。。 - ジャンル:日記

【2013/01/06 03:43】 | mucic | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
忌野清志郎 追悼号 Rockin on JAPAN
仕事で徹夜明けの今朝、開店前の書店で少し時間を潰して、Rockin on JAPANの忌野清志郎 追悼号を買ってきた。
帰りの電車の中で眠いはずなんだけど、ずっと読みながら帰ってきました。

雑誌の構成としては、これまでにRockin on JAPANに掲載されてきた清志郎のインタビューや写真を中心に構成されていたため、ほとんどの記事は以前に眼を通したことがあるもの。さらには、押入れにしまい込まれたスクラップブックに保存されている内容。
というか、僕のスクラップブックの方がより細かい記事までスクラップされている。

当たり前だけど、昔のインタビューの中の清志郎は元気で、読んでいるうちに清志郎が亡くなったことを忘れてしまい、読みながら笑ってしまったりもする。

でも、最後の方に載っていたチャボのインタビュー。
清志郎が亡くなった後に初めて演奏されたチャボの青山でのライブの翌日にインタビューされたものらしい。

清志郎との出会いからRCでのこと、解散後に少し時間を置いてまた一緒に演れるようになったこと、清志郎から癌の告白をされたこと、死後の想い・・・。

このインタビューが読めただけでも、買ってよかった。ほんとに。

喉頭癌を発症しながら喉の手術に踏み切らなかった清志郎に対して
「シンガーとして、いいよ・・・・・。美しいし。かっこいいし。いかしてるけど・・・・・それはきみもそうだろうけど、友達としては生きててほしかったよ、やっぱり。ベッドにいても。ほんっとにそう思う・・・・・」

清志郎、チャボ、RCサクセションを好きになれてほんとによかったと思う。

できれば、これまで清志郎やRCサクセションをあまり聴いていない人や若い人に、この追悼号を読みながらRCや清志郎を聴いてもらえたらなと思います。


<追記>
清志郎の追悼雑誌がたくさん出ている。
馬鹿みたいだけど、こん本や雑誌を見かけると、つい嬉しくなって買ってしまう。
だって、清志郎だけで丸々一冊の雑誌なんかなかなかなかったから。
そして、本当に楽しんで読んでしまう。
そして、読み終わってから、清志郎がいなくなっていることに気付く。
そんな繰り返しの日々がそろそろ3ヶ月になろうとしている。


テーマ:なんとなく書きたいこと。。 - ジャンル:日記

【2009/06/07 02:33】 | mucic | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
青山ロックンロールショー&NHK特番
昨日は清志郎の告別式。
嫁さんと長男が熱を出してしまっていたので、朝から病院に行ってから「悪いな。でも、勘弁してくれ」と思いつつ、もうすぐ5歳になる娘と二人で青山へ。

mixiの清志郎コミュの情報を参考にさせてもらいながら、乃木坂ではなく青山一丁目から参列に並ばせてもらった。15時頃から延々並び、娘がそろそろ限界になりそうな頃・18時頃にようやく斎場へ入ることができた。
aoyama1

斎場の手前から聴こえてくる曲は「Oh!Radio」。
清志郎の遺作になった新曲だ。初めて聴くメロディだけど、なんだか懐かしいようなメロディ。
聴きながら少しずつ列を進んでいくと、「いいことばかりはありゃしない」、斎場に入ると「Oh!Baby」が鳴り響く。嬉しいような泣きたいような変な気分。
記帳所で、列に並んでいる途中でもらってメッセージを書き込んでいた記帳の紙を渡すと、イェーイ!と書かれた清志郎の遺影(イェーイ!)ポストカードをいただく。

aoyama2aoyama3aoyama4



斎場の中もディズニーランドのようにグルグルと列を作って並ぶ。
でも、斎場の中では清志郎の曲を聴けるし、巨大なヒトハタウサギバルーンだって見れる。
早く献花台に行きたいような、この時間をもっとゆっくり長く過ごしたいような気分になりながら、「Lucky Boy」や「自由」や「すべてはAll Right」、「空がまた暗くなる」なんかを聴く。
「エンジェル」が流れた時に、近くで並んでいた恰幅のいい40歳ぐらいの男の人が堪えきれずに目頭を押さえていた。僕もそれにつられて涙をにじます。

献花台の中に入る時と出る時には、献花をいただいたいろんな人の名前が飾られている。
ハリーもいる、電気グルーブもいる、もちろん三浦友和もいるし、ヒロトもマーシーもいる。
栗原竜平と栗原桃代の名前を見て、また涙。。。

献花台の中に入ると、清志郎の遺影が。
aoyama5
自転車やドラムセットなんかも置かれていたし、位牌やお骨も置かれていたらしいのだが、遺影ばかりに目がいってしまい、他のものはあまりちゃんと見れなかった。

最後にもう一度、清志郎と同じ時間を過ごすことができた一日。
自分なりのありがとうの気持ちも置いていくことができたように思う。

しかし、長時間、淡々と列に並んでいる人たちの姿はなんかジンときた。
マスコミでは「熱狂的なファンが葬儀に参列」なんて書かれていたけど、「熱狂的」という感じではなかったよ。みんなひとりひとりが自分の思いを抱きながら、浸りながら淡々と順番を待つ、そんな雰囲気でした。
aoyama6
aoyama7
aoyama8
aoyama9

いってよかった。いけてよかった。
清志郎に出会えてよかった。好きになれてよかった。


で、先ほどまで見ていたNHKの特番。
こんな番組を見る時は、泣くべきなのかもしれないけど、
僕は清志郎が嬉しそうに歌う様子や、ジャンプする様子を見ていると、本当に嬉しくなって、ニコニコしながらテレビを見てました。久しぶりにテレビを録画しながら。

明日の夜中にもライブを流してくれるらしいし。
明日は忘れないように早く帰ろう。
終電で帰ると間に合わないから、23時には事務所を出ないと。

テーマ:なんとなく書きたいこと。。 - ジャンル:日記

【2009/05/11 01:45】 | mucic | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
Rock'nRollの求道者 忌野清志郎
清志郎が亡くなってから、ゴールデンウィークの連休中ということもあって、清志郎のことを考える時間が増えている。
今日もいろいろ思い出したり、考えていて、ふと思ったことを書いておく。

清志郎の曲を聴き返していると、「この人はRockをすごく純粋に信用していたんだろうな」と思うことがある。
IMAGINEをLIVEで弾き語る時に話しているセリフなんかにもそれは表れている。

「John Lennoが生きていたらどう思うんだろう?今の状況を。
ぜんぜん世界は平和にならないじゃないか。戦争がずっと続いている。21世紀になったのに。21世紀になったら世界が平和になると思ったのに、ますますひどくなっている。Yeah!」

たぶん、清志郎は音楽でRockで世界を変えることができるかもしれないと信じていたんだろうし、世界を変えられそうな感触を感じたこともあったんだと思う。

清志郎は子どもが生まれる前後に非常に多作になっている。
三宅伸治だかが、子どもが生まれる直線の清志郎について、「ボスは子どもが生まれると曲が作れなくなるかもしれないと言いながら昼も夜も曲を作り続けている」といったようなコメントをしていた記憶がある。

第一子が生まれる前後の清志郎は、1988年にRCサクセションで「COVERS」「コブラの悩み」を発表。1989年にはTimers名義の「THE TIMERS」を発表。
清志郎のキャリアの中でもより過激でかつ社会性の高い作品はこの時期に発表されているし、活動も派手になっているように思う。

そして、この時期の清志郎の活動に対して社会はダイレクトに反応する。
「COVERS」は発売中止になるし、ラジオでの放送禁止にもなった。これらのことは新聞記事にもなったし、ある種、社会問題化した。
その頃からの清志郎はより社会にコミットするようになっていった。
たぶん、この時に清志郎は歌うことで得られる感触を感じ、Rockの可能性をより強く感じ始めたんだと思う。

そして、忌野清志郎はRock'nRollの求道者になっていったように思う。
後期の20年間は、メディアでの露出も増えたし、他のミュージシャンや表現者との交流も増えた。
社会的なメッセージがこめられた曲も増えたし、メディアから社会的な意見を求められることも増えた。
清志郎もこれに積極的に応えて寡黙ながら発言することも増えたように思う。

と、ここまで書いてきてこんなもの(アルカイダーズのLIVE)を発見。
なんて、無茶でお茶目なんだろう。。。

これ見てたら、とても「求道者」なんて言葉は使えないけど、たぶん、清志郎は死ぬまで自分自身が思い描いていたRockを追い求め、近づこうとあがいていたように思うのです。

テーマ:なんとなく書きたいこと。。 - ジャンル:日記

【2009/05/06 02:13】 | mucic | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。